SHOP blog

「Mountain Style」

October 31 2012

2012秋新作コレクションのご紹介でございます。

レザースニーカー(スペイサイド)でお馴染みのカジュアルコレクションはドレスシューズと同様に足形に近いラストを採用し人気を集めております。
今季、そのカジュアルコレクションの新しいスタイルの提案として登場したのがマウンテンスタイルのブーツ「Scafell(スコーフェル)」です。
mountainstyle2.jpg
mountainstyle4.jpg

秋冬の必携アイテムとして欠かせないブーツ、今年も間違いなく様々なブーツが注目されること間違いなしです。 
SHETLANDFOXは英国調の傾向であるのに何故、アメリカンカジュアルの代名詞とも捉えられがちなマウンテンスタイルのブーツを作ったのでしょうか? デザイナーに聞いてみました。
スコーフェルというモデル名は英国最高峰の山、スコーフェル山から付けたそうです。
デザイナーは古くからジェントルマンのスポーツとして親しまれてきた登山にスポットを当てたことで今回の企画が生まれたと話しております。私は本格的な登山をした経験がありませんが、興味がありましたので英国と登山の関係性を調べていましたら、英国にすごい登山家がおりました。伝説の登山家「ジョージ・マロリー」です。 世界最高峰の山、エベレストに探検隊として三度参加しましたが1924年、三度目の遠征の際に頂上付近で行方不明になりました。マロリーの最期は75年に亘って謎に包まれておりましたが、1999年に発見されました。マロリーがエベレストの登頂に成功したかどうかはいまだ謎のままといわれております。このお話しを聞いてぴんとくる人は少ないと思いますが、マロリーが残したといわれる名言を聞くとぴんとくる人は多いのではないでしょうか。ニューヨーク・タイムズ紙の記者から「なぜ、あなたはエベレストを目指すのか?」という問い掛けに対し「そこに山があるから」と答えたとされるマロリー。最近ではこのマロリーの物語が映画化されることも予定されており話題になっております。

話しはだいぶ反れましたが、登山してみたくなりませんか?とは言っても本格的なマウンテンブーツではございませんのでご注意下さい。都会的で軽量化されたマウンテンスタイルとしてデニムなどに合わせて履いて頂きたいと思います。さっそくですが私もスコーフェルを履いて紅葉ウォッチングに出かけてみたいと思います。
カラーは全部で4色です。
mountainstyle1-2.jpg
mountainstyle5.jpg

国産タンニンレザーを使用したブラック・ダークブラウン・タンカラーと伊シャラーダ社のスエードを使用したブラウンスエードです。
底材はカジュアルコレクションの定番シャークウエッジソールを採用しております。
是非店頭でご覧下さいませ。

デザイン№ | 3074(スコーフェル)
色 | B.BRS.DBR.TAN
サイズ | 6.0~9.0(24.0~27.0㎝)
価格 | ¥36,750(税込)

,

「ROOM SHOES」

October 25 2012

SHETLANDFOXのコンセプトは「靴の美しさ・楽しさとともにアイロニカルなダンディズムを提案する」です。このフレーズにある「アイロニカル(ironical):皮肉な、皮肉っぽい」や「ダンディズム(dandyism):お洒落、伊達好み」とは、まさにこの靴のことを表しているのではないでしょうか。
大人のお洒落を忘れずにいたい大人たちの靴として開発されましたルームシューズ「Mayfair(メイフェア)」
roomshoes2.jpg
90年代のSHETLANDFOXで定番として展開されていたルームシューズの復刻です。ルームシューズにはいろいろな呼び方がありまして、ベルベット・スリッパーとも呼ばれております。
もともとは英国の貴族がお屋敷内で履いていたものなので私とはまったく縁のない履き物でございますが、最近では各英国靴ブランドやお洒落なショップからも出されておりトレンドアイテムのひとつに挙げられております。合わせ方は履く人のセンス次第なところがありますが、さまざなシーンで愛用出来る1足でございます。
この靴の魅力はなんといっても、精巧で高級感溢れる金モールの刺繍です。メイフェアにはブランドのイニシャル「SF」が浮き出るように刺繍されております。この刺繍は金メッキを施した細い金属線を機械ではなく、職人の手作業によって作られているものです。ここまで精巧に縫える職人さんは世界でも数名と言われております。ちなみにこの金モール刺繍はインドで製作されました。
本来ルームシューズは室内で履くものなので丈夫な底が付いておりませんが、こちらは外に履いて出られるよう底はレザーソール仕様になっております。また底付け方法はマッケイ製法を採用致しました。そしてライニングにはコットンを挟んだワインカラーのキルティングを全面に敷いておりますので非常に柔らかい履き心地となっております。
roomshoes3.jpg
roomshoes4.jpg
roomshoes5.jpg
素材はブラックがベルベット、グリーンはウール地のブラックウォッチです。

是非一度店頭でご覧下さいませ。

デザイン№ | 3035(メイフェア)
色 | B.GREN(ブラックウォッチ)
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥35,700(税込)


,

「BOOTS COLLECTION」

October 17 2012

9月14日から開催しておりました「2012秋パターンオーダーフェア」は14日(日)で終了致しました。SHETLANDFOX日比谷店で初めて開催致しましたオーダーフェアでしたが、たくさんのお客様にご来店、ご注文頂くことができました。ありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。また、オーダーフェアの仕組みについても、お客様から貴重な意見を聞くことができました。ありがとうございました。今後の参考にさせて頂きます。
さて、10月も半ばが過ぎまして日増しに秋の深まりを感じる季節になって参りました。ファッション的にも楽しく感じる季節ではないでしょうか。これからの季節、足元に欠かせないアイテムとして毎年ブーツ特集が取り上げられております。そこでSHETLANDFOX日比谷店で取り扱っております「ブーツコレクション」をご紹介させて頂きます。スーツに合わせるドレスタイプから、ざっくりしたツイードやコーデュロイなどのカジュアルウェアにマッチするカジュアルタイプまで、全てにおいてSHETLANDFOXのこだわりがつまったコレクションです。
boots1.jpg
デザイン№ | 3076(グラスゴー/チャッカ)
色 | B.DBR
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥42,000(税込)


boots2.jpg
デザイン№ | 3039(ナイツブリッジ/チャッカ)
色 | B.BURG
サイズ | 6.0~8.5(24.0~26.5㎝)
価格 | ¥42,000(税込)

boots3.jpg
デザイン№ | 3038(ナイツブリッジ/ジョッパー)
色 | B.DBR
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥42,000(税込)


boots4.jpg
デザイン№ | 3037(ナイツブリッジ/サイドゴア)
色 | BS.DBRS
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥42,000(税込)


boots5.jpg
デザイン№ | 3073(アッシュフォード/レースアップ)
色 | B.DBR
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥42,000(税込)


boots6.jpg
デザイン№ | 3062(カークウォール/ウィング)
色 | B.BR
サイズ | 5.0~9.0(23.0~27.0㎝)
価格 | ¥42,000(税込)

皆様のご来店をお待ちしております。

※ナイツブリッジは廃番商品につき、特別価格となっております。
(元の価格|¥52,500(税込))


, , , ,

「BRITISH COLLECTION-ASHFORD-」

October 10 2012

お待たせ致しました。秋冬の新作コレクション「Ashford(アッシュフォード)」が入荷致しました。こちらの商品は当ホームページのINFORMATIONでご紹介してからたくさんのお問い合わせを頂いておりました。入荷を楽しみにされていた皆様へ、ようやく全ての商品が出揃いましたので本日ご紹介させて頂きます。
またホームページが開設されて3ヶ月が経ちますが、日頃からたくさんのお客様にご覧頂きまして本当にありがとうございます。これからも楽しんで頂けるよう毎週更新して参りますのでどうぞよろしくお願い致します。
「Ashford(アッシュフォード)」は、今までのコレクションで開発されてきましたマルチパーパスシューズとは一味違う履き心地の良さを、高い次元で実現致しました。それは2012春に登場しました「Irvine(アーバイン)」で初めて採用しました中底を今回も使用しております。
ashford5.jpg
アーバインと説明が重複致しますが、通常SHETLANDFOXで使用している中底は、足の裏の後部をお椀上に丸くくぼみを成形することで、足の収まりを良くしておりますが、このモデルでは体重が足にかかることで落ちてしまう足根骨と指骨の間にある中足骨部分を支えられるよう骨格に合わせて立体成形された中底を使用しております。これがどのように成形されているか説明しますと。通常だと約3~4ミリのベンズと呼ばれる厚い革を中底に使用致しますが、立体的に形成し、さらに耐久性を得るにはこれよりも厚い約5ミリの革が必要になります。そして足の裏の形状に合うようミリ単位で削られたラストに時間を掛けて馴染ませることで完成されます。大変手間の掛かる作業ですから量産靴メーカーでは珍しい加工です。
といったようにマルチパーパスシューズ、いわゆる万能靴といっても靴の開発には拘りを持っております。
そしてソールには英国製のラバーソール、リッジウェイソールを採用。
ラバーソールとのバランスを考え、アッパーには伊ポラリス社のオイルカーフを使用致しました。

8月に日比谷店で開催致しました「トランクショー2012秋冬コレクション」でご紹介したサンプル品と仕上がりが異なります。さらに一手間、磨きをかけることによって光沢が増しておりますので、一見オイルレザーに見えない仕上がりになっております。
デザインはベーシックなラウンドラストに英国調で人気を集めるUチップとセミブローグをご用意いたしましたのでビジネスでもカジュアルでもお履き頂けます。
Uチップはダービーとレースアップブーツの2デザイン。
ashford2.jpg

セミブローグはオックスフォードとサイドエラスティックの2デザイン展開でございます。
ashford3.jpg
ashford4.jpg

是非ご来店をお待ちしております。

デザイン№ | 3070(セミブローグ)
色 | B.DBR
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥39,900(税込)
デザイン№ | 3071(Uチップ)
色 | B.DBR
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥39,900(税込)
デザイン№ | 3072(サイドエラスティック)
色 | B.DBR
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥39,900(税込)
デザイン№ | 3073(レースアップブーツ)
色 | B.DBR
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥42,000(税込)

★9月14日から開催しております「2012秋パターンオーダーフェア」今日までにたくさんのご注文を頂きまして誠にありがとうございます。オーダーの最終受付は今週の日曜日までとなっておりますので、ご検討されておりましたら、ぜひ、ご来店お待ちしております。

開催期間 |9月14日(金)~10月14日(日)
お渡し予定|12月下旬~
営業時間 |11:00~20:00


,

「2012Autumn-PATTERN ORDER FAIR Vol.4-」

October 03 2012

9月14日から開催しております「2012秋パターンオーダーフェア」も残すところ2週間を切りました。今日までたくさんのお客様にご来店、ご注文頂きまして誠にありがとうございます。この場をお借りいたしまして、御礼申し上げます。
今回のオーダーフェアではドレス、カジュアルを含め全8モデル29デザインが対象となっておりますが、9月の受注で一番人気があったモデルをご紹介いたします。それは・・・「Kensington(ケンジントン)」でございます。
2009年のデビュー以来、SHETLANDFOX のプレステージラインとして人気を集めているモデルです。多くのファンを魅了するモデルなだけにオーダーフェアではオリジナルの1足を作りたいとご注文を頂いております。そのケンジントンの魅力をご紹介いたします。
まず靴を選ぶときに欠かせないポイントとして上げられる足と木型の相性ですが、日本人の足形を豊富な経験から分析し、履き心地を考えた木型職人の理想の形を表現しております。そしてケンジントンの場合、量産靴メーカーではあまり例をみない、手間と時間を掛けて細部にまで拘りを持って作られております。そのひとつに挙げられるのが底面の仕様です。
SHETLANDFOX は各モデルによって底の仕様を変えておりますが、その中で一際拘っているのがこのケンジントンです。深く立体的に絞り込まれた土踏まず部、履いている人からは見えないところではありますが、履き心地や見栄えに大きな差が出るポイントです。その立体感をどうやって作っているのか?今回はその内部をお見せいたします。

kensington02.jpg

某ブランドが得意としている仕様で、中央に一本の筋がはっきりと通るよう面取りされている「Fiddle Back(フィドルバック)」と呼ばれる仕様がありますが、そこまで鋭く尖ってはおりません。ケンジントンの場合は全面に敷き詰められたコンフォートコルクに土踏まず部を立体的に盛り上げられるよう厚くコルクを盛っているのがわかります。
さらにこの立体感を損なわないよう底付けの製法を通常の仕様と変えております。前半部分がグッドイヤーウエルトで、土踏まず部分がマッケイと分けて縫われております。大量に生産することを目的とせず、永く履けて愛着の持てる靴となることを考えたブランドの思いが詰まったプレステージモデルです。

開催期間 |9月14日(金)~10月14日(日)
お渡し予定|12月下旬~
営業時間 |11:00~20:00
定休日  |水曜日(フェア期間中は営業いたします)

さて、話しは変わりまして日比谷店があります丸の内仲通りでは9月29日(土)~10月14日(日)の間「丸の内仲通りガーデニングショー」が開催されております。

marunouchi1.jpg

丸の内のメインストリートを舞台に"都市における花と緑のめぐみ"や"環境を意識したライフスタイル"を提案する、日本有数のアーバン・ガーデニングショーです。
第9回目となる今年のテーマは、「花笑み通り丸の内~MEET@Marunouchi」。その18作ある中で、僕の目に留まった作品はこちら「路地の庭」という作品です。

marunouchi2.jpg

「路地」は単なる通路ではなく、人々が集まることによって生まれるコミュニティの場でもあります。というメッセージの通り、子供と大人がひとつの空間で共存し合っていることを靴を通して感じられました。このような素晴らしい作品が日比谷方面から東京駅方面に向かって展示されております。

marunouchi3.jpg

そして17時からは恒例の街路樹イルミネーションが点灯されました。こちらも素晴らしく、都心で見られるビルの明かりにはない温もりが街全体に感じられます。この機会にぜひ、丸の内仲通りを散策してみてはいかがでしょうか。



, ,

日比谷店

SHETLANDFOX 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館1F
TEL:03-5220-2485
定休日:水曜日(祝日の場合は除く)

このページのトップへ