SHOP blog

「Information」

January 30 2013

皆様こんにちは。
ついこの前年が明けたと思ったのに、気がつけばもう1月も終わりですね。
1月2日から開催しております「B-グレード セール」には、初日からたくさんのお客様にご来店いただきまして誠にありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
B-グレードセールは明日31日をもちまして終了させていただきます。残り少ない足数ではございますが、ご来店をお待ち申し上げております。
さて今週は2月に開催いたします「2013春 PATTERN ORDER FAIR」について少しご案内させていただきます。
まず開催期間でございますが2月21日(木)~3月20日(水)を予定しております。秋と同様、約一ヶ月間と余裕を持たせた日程を組ませていただきますので遠方のお客様もご利用いただけるかと思います。
今回の内容でございますが、まずオーダーいただけるモデルと素材の追加がございます。2012秋にリリースされましたアーバイン(IRVINE)と
information3.jpg

おなじみグラスゴー(GLASSGOW)からWモンクとチャッカブーツが新たに加わります。
information2.jpg

素材では国産手もみ革(ブラック、ブラウン、ネイビー)が追加になりました。こちらの革はオーダー企画担当者「一押し」の素材です。 残念ながらスペイサイド(SPAYSIDE)のマルチカラー(3~6色コンビネーション)は今回中止でございます。(※2色までのコンビネーションはオーダーいただけます。)
お渡しは5月末を予定しておりますので、オーダーの予定を組まれているお客様は春夏シーズンに向けての色や素材を選ばれてはいかがでしょうか。

さらなる詳細が決まりましたら、ブログにてご案内をさせていただきます。

(SHETLANDFOX 日比谷店 布施)

, , ,

「Repair Service」

January 23 2013

今週のSHOP BLOGはリペアサービスについてご紹介いたします。
リペアサービスは当社が得意としているグッドイヤー・ウェルト製法の利点を最大限に活かすべく、1974年以来、積極的に取り組んでおります。
靴はお客様の履き方によって一足一足が異なるため、新品の靴を作る以上に難しい技術を要します。当社ではリーガルをはじめ、SHETLANDFOXを大切に履いて下さるお客様のご期待に応えるべく、熟練職人の手作業による入念な修理を行っております。
有楽町・銀座界隈では靴の修理をクイックサービスで行う便利なお店から本格的な高級靴まで修理を行うお店がありますが、当社のリペアサービスと何が違うのか?SHETLANDFOXはリーガルと同様、基本的に純正パーツを使った修理を行います。例えばオールソール(底の張り替え)の場合、今まで作られてきた全シリーズの木型が工場で保管されておりますので、その靴の作られたときに近いフォルムに戻すことが可能となります。 修理にかかる費用に関しても、当社では極めて厳格な社内基準のもと、お客様に安心して末永く履いていただけるよう可能な限りもとの状態に近付ける修理を行いますので、決して高い価格設定だと感じません。
それでは修理のタイミングについてご説明いたします。まずは化粧替え(トップリフト交換)です。

repairservice3.jpg
                                      (写真①)

SHETLANDFOXでは合成底(リッジウェイソール・ダイナイトソールなど)以外はこのゴム×革のトップリフトを使用しております(写真①)。ゴムの形状が鳩の尻尾の形に似ている事から「ダヴテイル」と呼ばれております。

repairservice2.jpg
                                      (写真②)

交換のタイミングはこのように革の積み上げにかからないのがポイントになります(写真②)。
ここでよく質問をいただくことは積み上げにほんの少しかかってしまった場合です(写真③)。

repairservice4.jpg
                                      (写真③)

「少しくらいなら・・・」と思われがちですが、少しでも積み上げにかかってしまうとヒール替えになります(写真④)ので、丁度良いタイミングでお持ち下さいませ。

repairservice5.jpg
                                      (写真④)

修理代金は化粧替えが¥3,675(税込)、ヒール替えが¥5,250(税込)です。
修理期間は約2週間(受付の混み具合によっては2~3週間)を予定しております。最近ではヒールと一緒につま先補修(トウチップ)をされる方も増えております。以前まで、リーガルリペアではこのつま先補修を受け付けておりませんでしたが、お客様からのご要望も多くなり、新しく始めたリペアメニューです。
トウチップはゴム貼りのみで修理代金は¥2,100(税込)、剥がれを防止する為のミシン縫いが必要な場合は¥2,625(税込)です。修理期間は約2週間(受付の混み具合によっては2~3週間)を予定しております。
そして、オールソールです(参考になる写真が無く、文章のみでご紹介いたします)
SHETLANDFOXでは純正パーツによる底の張り替えとウエルトの巻き替え(リウエルト)修理を行います。交換のタイミングですが、底の踏みつけ部分を親指で押していただいた時に簡単にへこむ様でしたら張り替えの時期と判断出来ます。もちろん穴が空いてしまった場合も張り替えになります。
また日比谷店ではオールソールのタイミングと合わせて中底替えのご説明をさせていただきます。中底は日々の歩行による屈曲や足裏が直接触れる部分になりますので汗を吸収したりすることで傷みが生じてきます。古い底を剥がして見ないとわかりませんが、傷んでいた場合はオールソールと合わせて中底替えをさせていただく必要がございます。これを踏まえて、オールソールを承った際には中底替え(一律¥4,200税込)の料金も合わせてご照会させていただいております。オールソールの修理代金は革底で¥16,800(税込)~¥19,950(税込)、合成底で¥14,700(税込)~¥15,750(税込)です。修理期間は約2ヶ月間と通常より長い期間をいただいております。

今週は基本的なリペアについてご紹介させていただきましたが、その他にも細かいリペアが可能でございますのでお気軽にお問い合わせいただきたいと思いますが、お電話などでは靴の状況を把握しかねますので是非お持ち下さいませ。
よろしくお願い申し上げます。

(SHETLANDFOX 日比谷店 布施)


「憧れのブランド」

January 16 2013

今週もたくさんのお客様にご来店いただきまして誠にありがとうございます。都心で初雪が観測されました連休最終日。雪に見蕩れて冬を感じていたのもつかの間、あっという間に雪が積もってしまい歩くのも一苦労でした。こうなってしまうとゴム底でもまともに歩けませんね。
さて、このブログをチェックされているお客様はそろそろ春の新製品やオーダーフェアの情報を待ちわびているのではないでしょうか・・・
残念ながらまだお知らせすることができません。実際のところ詳細につきましては現在協議中で、私も皆様と同じような気持ちでドキドキしているところでございます。詳細が決まり次第、こちらのブログでお知らせをさせていただきますので楽しみにお待ち下さいませ。

今週は私のインプレッションをお伝えしたいと思います。
日頃たくさんのお客様とお話しをさせていただいている中で、最近特に多く感じるのは、以前のSHETLANDFOX、つまり1980年代のSHETLANDFOXをご存知の方がご来店されていることです。

akogare1.jpg

私は当時の靴をアーカイブやカタログなどでしか見た事がありませんが、大先輩の方々から当時の話しを聞いたり、先日ご来店されたお客様からは今も大事に保管されている靴の写真を見せていただいたりと勉強させていただきました。その皆様が当時、ブランドに対するイメージはどうだったのかとお伺いすると、若い頃「憧れのブランドだった」と語られていました。

akogare3.jpg

SHETLANDFOXは、1982年(昭和57年)にデビューしたリーガルコーポレーションのブランドです。当時のリーガルコーポレーションの前社名である日本製靴が世界に通じる高級自社ブランドとして、主にセレクトショップ(テイジンメンズショップなど)や海外のシューショップ等で販売を行っており、箱やシューポーチに至るまで英国調に拘って作られておりました。

akogare4.jpg

akogare5.jpg

そして再デビューではただ単に英国に拘ったのではなく「ブランドに惑わされない、日本人のための日本製の靴ブランド」として深化を果たしております。


akogare6.jpg

これは私が着用している靴のひとつ、Edinburgh(エジンバラ)というモデルです。ラストは典型的なソフトスクエアに、無理なく履ける落ち着いたフィット感が優れていると感じます。一日中履いていると感じにくいですが、9時間ほど立ち仕事をしていて足裏の筋力が下がってきたときに履き替えると踏まず部分のサポート力がよくわかります。エジンバラは当時のイメージに一番近いと言われるモデルですが、現在販売は行っておりません。再デビューを果たした2009年では、今も人気が衰えないKensington(ケンジントン)や、昨年生産を中止したKnightsbridge(ナイツブリッジ)と合わせてブリティッシュコレクションとしてリリースされましたが、当時を振り返るとロングノーズの人気に圧されるような形で生産中止に至ってしまいました。
現在はこのエジンバラをベースに木型修正を加えたGlasgow(グラスゴー)が人気を集めておりますが、近年のトレンドでもわかるようブリティッシュテイストに注目が集まりだした頃から、ショートノーズの靴を求める声も多く聞かれています。
先週のブログで少し触れましたSHETLANDFOX「30th Anniversary」モデルはこのエジンバラをベースにした足数限定商品を開発中でございます。発売は3月を予定しておりますので乞うご期待下さいませ。
今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

SHETLANDFOX 日比谷店 布施



「OMEDE-TAI-」

January 09 2013

新年の初売りには、オープン直後からたくさんのお客様にご来店をいただきまして誠にありがとうございます。
本当にたくさんのお客様にご来店をいただきまして、対応が間に合わずお待たせしてしまいましたお客様、大変申し訳ございませんでした。 また「Bグレード(規格外品)セール」ということで商品の色、サイズは揃っておりませんので、お目当ての商品を手に出来なかったお客様も多くいらっしゃったと思いますが、またの機会を楽しみにお待ちいただければと思っております。 もちろん、まだ「Bグレード セール」は開催しておりますので、是非ご来店をお待ちしております。

今週は日比谷店スタッフ、布施の「STAFF VOICE」をお届けいたします。

さて、新年を迎えあっという間に一週間が経ちましたが皆様はどのようなお正月を迎えられましたか? 初詣に行かれた方も多いと思います。 私は、初売りもございましたので3が日ではないのですが、先日のお休みを利用して初詣に出掛けてまいりました。

omedetai2.jpg

日比谷店と同じ千代田区にあります東京のお伊勢さま「東京大神宮」へ参拝に行ってまいりました。
お参りの後、何か新年に相応しく「めでたいもの」に肖りたいと考えておりましたところ、ふと「たい焼き」が思い浮かびまして、その足で四ツ谷にあります東京のたい焼き御三家「たいやき わかば」さんにお邪魔することにしました。

omedetai3.jpg

新宿通りから道を一本入ったところに昔ながらの雰囲気が残るお店があります。
大通りを曲がった瞬間、芳ばしい香りが漂ってきました。ちょうど新年の焼き始めの日でしたので常連さんがお土産にたくさん買っている姿を見ながら、私は店内でたい焼きをいただくことにしました。

omedetai4.jpg

しっぽの先まで甘い餡がぎっしり入っておりますので、一匹で十分満足します。

omedetai5.jpg

おいしいたい焼きをご馳走様でした。
聞いた話によりますと、たい焼きの焼き型には一匹ずつ焼き上げる型を「天然物」、複数を一度に焼き上げる型を「養殖物」などと呼んでいるそうです。天然物のたい焼きは焼き型を一つずつ返しながら焼いていくのでとても手間がかかり使用しているお店は少ないそうですが、拘りを持っているたい焼き職人さんはこの時間的制約などを度外視した伝統を守り続けているそうです。
もちろんお邪魔したわかばさんも天然物を使用しており、多くのファンを魅了しているのだと感じました。この拘りが靴作りにも似ていると感じてしまうのは仕事柄なのでしょうか?
どの分野においても伝統を守り続けるために技術を尽くして仕上げる職人さんがいるからこそ繋がっていくものなのですね。
余談ですが、当社リーガルコーポレーションも今年で設立111年を迎えます。

最後に、今後の予定でございますが、2月末には「PATTERN ORDER FAIR」を開催いたします。前回は多くのお客様にオーダーをいただきまして誠にありがとうございました。今回も魅力あるオーダーフェアを開催できるよう、これからプランナー、デザイナーと打ち合わせをしてまいります。
3月中には春の新製品とSHETLANDFOX【30th Anniversary】モデルを発表いたしますのでご期待下さいませ。

「Happy New Year」

January 04 2013

SHOP BLOGをご覧の皆様、新年あけましておめでとうございます。
昨年4月にOPENして以来、多くのお客様にご利用頂きました。 本当にありがとうございました。
また、SHOP BLOGに対しても、「見たよ」とか「〇〇の特集やってよ」などのお声もいただけるようになってまいりました。 まだまだ発展途上のBLOGですが、今年も皆様にいろいろな情報をお届けしてまいりますので、是非ホームページにアクセスしていただきたいと思います。

さっそくですが、日比谷店では1月2日からは「Bグレード セール」を開催しております。
Bグレードとは、リーガルコーポレーションの厳しい品質基準を満たさなかった規格外品を示します。見た目だけの問題で、機能としては問題のないものを定価の40%OFFで販売いたします。
SHETLANDFOXの履き心地の良さをお試しになれる機会として、また、規格外箇所のご説明及び理由のご説明をさせていただき、ご納得いただいた上でお買い求めいただくという対面販売の専門店ならではの良さを知っていただく機会として、このようなSHOP限定イベントを設けさせていただきました。
Bグレードはすべてのモデル、サイズのご用意があるわけではございません。商品に関しては是非店頭でお確かめ下さいませ。

本年もSHETLANDFOX日比谷店をどうぞよろしくお願い申し上げます。

【SHETLANDFOX日比谷店 布施】


,

日比谷店

SHETLANDFOX 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館1F
TEL:03-5220-2485
定休日:水曜日(祝日の場合は除く)

このページのトップへ