SHOP blog

「茶色の靴についてのお話」

April 24 2013

始めまして4月から日比谷店の仲間入りを致しました竹本です。宜しくお願い致します。
日比谷店配属となり半月が経ちました。丸の内仲通りは都心とは思えないほど空気がきれいで行き交う人々にもどこか余裕と優雅さを感じますね。土.日は外国人を含めた観光客も多いのですが、平日は近隣のビジネスマンにも多数ご来店いただいております。
体にきちんと合ったサイズのスーツを着こなし、靴もきちんと磨かれていらっしゃる方が多く、さすがは日本を代表するビジネス&ブランドストリートと感激しております。
全国的に見てもビジネスマンのファッション偏差値が高い地域だなと思うのですが、衣替えの季節はいつの時代も悩ましい物で、靴合わせに関しても多種のご相談をお受けいたします。その中で今回は茶色の靴の合わせ方についてお話させていただきたいと思います。
茶色の靴①.jpg
意外と茶色の靴をビジネスで履いたことはないというお客様が多く、「履いてみたいけれど大丈夫かな?」というご質問をよくいただきます。 この大丈夫?の中には様々な意味合いがあるようです。
まずはスーツにあうか?という意味ですね。なかなか毎シーズン頭の先からつま先まで新調される方は少ないでしょう。ほとんどの方が、現在お持ちのスーツには黒靴を合わせてコーディネートされているが、はたして茶色の靴に応用できるのか?を心配されるようです。。そんな時、私たちは茶色の明度を基準にしてお勧めしています。スーツの色が淡いグレーからミディアムグレーなどにはライトブラウン系を。チャコールグレーなど濃い色にはダークブラウン系をお薦めしております。一番失敗がないと言われている合わせ方を基本的にお勧めしております。黒靴の時のシックな装いがびっくりするぐらい違って見えますよ。
また紺色やブラウン系のスーツも茶色の靴とは相性の良い色です。こうして改めて考えてみると、茶色の靴が合わないスーツの色というのは意外と少ないというのに気づいていただけるのではないでしょうか?合わせてみたいスーツをお召しになってご来店下さいますとご納得の色合わせが出来ますのでお勧めです。 なぜならば、微妙な色の濃淡や生地の素材感でも相性の良い色味は変ってきますので直かに合わせて見ていただくのが一番かと思います。
茶色の靴②.jpg
もう一つ、大丈夫?には「仕事で履いて大丈夫か?」という質問も含まれております。
これは正直難しい質問です。職種によっては茶色の靴がNGの会社もあるようなので一概に良いとも悪いとも言えないのですが、最近TPPOSという言葉を耳にいたしました。
VANヂャケットの創始者である石津氏が提唱したTPO(時間・場合・場所)という概念を発展させSOCIAL(社会性)PERSON(相手)が加わった新しい言葉だそうです。
確かにビジネスは相手があってのものですから、会社や自分が相手側からどう見られるのか、または見られたいのかによって装いは変ってくるでしょう。ちなみに茶色が相手に与える印象としては安定や信頼ですが、ダークカラーの多いビジネスシーンでは明るさや軽やかさなどもあるそうです。

少し堅い話になりましたがSHETLANDFOXは上質なカーフを使用した茶系のバリエーションも豊富でございます。 
茶色の靴に少しでもご興味を抱いていただけましたら幸甚です。
ぜひ茶色の靴をご覧にお越しくださいませ。

【SHETLANDFOX 日比谷店 竹本】

,

日比谷店

SHETLANDFOX 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館1F
TEL:03-5220-2485
定休日:水曜日(祝日の場合は除く)

このページのトップへ