SHOP blog

Repair~リペア Vol.2~

November 29 2013

こんにちはSHETLANDFOX日比谷店の竹本です。早いもので街中がクリスマスムードであふれてまいりました。寒いのは苦手ですがイルミネーションの華やかさには思わず立ち止まって見とれてしまいますね。

今回のブログも靴の修理についてご紹介して参りたいと思います。
皆様のお靴はつま先部分の削れ加減はどうような状態でしょうか?前回ご紹介した踵部分と並びましてソールのつま先部分の磨耗をお悩みの種としていらっしゃる方も多いのではないかとお察しいたします。かといって忍び足でそ~っと歩く訳にもいかないのが辛いところです。そこで修理の出番なのですが、当社の修理メニューにはソールのつま先部分の磨耗に対応した「つま先ゴム貼り(¥2,000~)」があることをご存知でしょうか?
こちらは修理後の画像です。
画像①修理後.jpg
名称そのままに、つま先部分にゴムで補強をさせていただく修理です。ちなみにこの靴のオーナー様は何故かつま先だけがどの部分よりも磨耗が早いそうです。歩き方が一人ひとり違うという一例ではないかと思います。また、当店で新品の靴をご購入後、履き下ろし前に「つま先ゴム貼り」を希望していかれる方もいらっしゃいます。そういったお客様は自分好みの靴に仕上げる補強を兼ねたカスタマイズとして楽しんでいらっしゃるようです。ご愛用後のお靴に関しましては「つま先ゴム貼り」の修理をお受けできない場合もございます。参考までにこちらの3枚の画像をご覧下さませ。まず一枚目のこちらは修理が可能なお靴です。
画像②修理後.jpg
ソール部分にうっすらと横線がはいっており二層になっているのがお分かりでしょうか?上層が細革(ウェルト)下層が表底(アウトソール)です。これらを出し縫いとう方法で縫い合わせておりますのがグッドイヤーウェルト製法です。「つま先ゴム貼り」には上層の細革(ウェルト)が残っていることが前提となります。
次の写真は「つま先ゴム貼り」をさせていただけるかどうかギリギリの状態となっております。
画像③修理前.jpg
一見して1枚目の状態とそう変らなく思えるのですが、よく見ると表底(アウトソール)の磨耗の程度が激しくて細革(ウェルト)まで迫っております。材質の状態によっては修理が出来ない場合もあるのでこれは修理工場の判断を仰ぐこととなります。
最後の写真はコバまで大きく削れておりますと完全に修理は不可となり、オールソールなどの他の修理をご提案させていただく事となります。
画像④修理前.jpg
ぜひ日頃からのチェックをよろしくお願い致します。もちろん判断に迷われる場合にはお気軽に店舗スタッフまでご相談くださいませ。

※2014年1月1日より一部の商品と修理代金の価格改定を予定しております。新価格に関しましては後日改めてお知らせさせていただきますのでご了承くださいませ。
※お持ちいただいたお靴の状態により、修理内容の追加および変更をスタッフよりご提案させていただく事がございます。またお客様のご希望に添えない場合もございますのでご理解下さいませ。
※修理期間につきましては修理内容及び繁忙期などにより変化いたしますのでご了承ください。特に年末年始は通常よりお時間をいただきます。あらかじめご了承ください。

【SHETLANDFOX日比谷店 竹本】


「第3のシリーズAberdeen(アバディーン)」

November 20 2013

皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。今年も紅葉の季節を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。東京では色づき始めた頃で、見ごろは11月下旬からと予想されております。
昨年の今頃を思い出してみますと、私はマウンテンスタイルのカジュアルブーツ「スコーフェル」を履いて筑波山へ登山に行ったことをショップブログで紹介させていただきました。たまに店頭でスコーフェルを履いておりますと、お客様から「ブログで観ましたよ」とお声を掛けていただき、嬉しい思いと永い期間に亘りブログを見て下さっていることに感謝を申し上げます。今後とも末永くお付き合い下さいませ。よろしくお願い申し上げます。

今週のブログは「Aberdeen(アバディーン)」をご紹介いたします。現在、日比谷店では30代を中心に多くのリピーターが続出しているシリーズで、2011年秋の発売から2年越しで人気が集まっております。今週はその魅力をお伝えいたします。
既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、SHETLANDFOXの靴には商品番号とシリーズ名があり、シリーズ名の多くはイギリスの地区名やスコットランドの都市名などが使われております。このアバディーンもスコットランドの都市名から付けられました。
アバディーンとは?いったいどんな所なのでしょうか。残念なことに私はアバディーンへ行ったことがありませんので町の様子などの写真を載せることは出来ませんが、今はパソコンひとつで世界中を旅することが出来きますので少し調べてみました。「イギリス、スコットランドの北東部にある港湾都市で、エディンバラ(エジンバラ)、グラスゴーに次ぐスコットランド第3の都市。市街には花崗岩(かこうがん)で建てられた美しい建築物が多く、花崗岩の町としても有名だそうです。」なるほど。スコットランドの首都であるエディンバラも最大の都市であるグラスゴーもSHETLANDFOXのシリーズ名に使われている名前です。それもすべてスクエアトウであることは単なる偶然なのでしょうか・・・。
aberdeen2.JPG
それではアバディーンの魅力をご紹介していきましょう。まず皆様は靴を選ぶときのポイントはどこでしょうか。使用している素材や色、靴のフォルムといった外観。または履き心地といった「内容」などなど。
アバディーンの場合、もっとも高い評価を受けているのは履き心地といった「内容」だと感じております。
基本的な木型の細部をミリ単位で修正を加えながら完成された木型は、SHETLANDFOXが展開しているシリーズの中で、もっとも許容範囲が狭い靴。
aberdeen3.JPG
タイトな靴といえますので、すべての人に合うという訳ではありませんが、一度履き心地の良さを知ってしまうと他の靴では満足出来ない魅力がアバディーンにはあります。そして靴の美しさは外観で決まります。他のシリーズにはないスタイリッシュなフォルムに、シンプルなデザインだからこそ厳選された素材(仏アノネイ社)や細部にまで拘って作られるディテールが靴としての完成度を高めていると思います。

デザインは全部で4型ございます。外羽根プレーントウ、ストレートチップ、セミブローグ、内羽根プレーントウ(スワンネックステッチ)。どのデザインをとっても、ビジネスシーンでは欠かせないアイテムです。
ご興味がございましたら是非一度、お試し下さいませ。今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

aberdeen4.JPG
商品番号|3054 SF(外羽根プレーントウ)
   色|ブラック
 サイズ|5.0~9.0(23.0㎝~27.0㎝)
  価格|¥46,200(本体価格¥44,000)

aberdeen5.JPG
商品番号|3055 SF(ストレートチップ)
   色|ブラック、オーク、ワイン
 サイズ|5.0~9.0(23.0㎝~27.0㎝)
  価格|¥46,200(本体価格¥44,000)

aberdeen6.JPG
商品番号|3056 SF(セミブローグ)
   色|ブラック、ワイン
 サイズ|5.0~9.0(23.0㎝~27.0㎝)
  価格|¥46,200(本体価格¥44,000)

aberdeen7.JPG
商品番号|3057 SF(内羽根プレーントウ)
   色|ブラック、オーク
 サイズ|5.0~9.0(23.0㎝~27.0㎝)
  価格|¥46,200(本体価格¥44,000)

※アバディーン以外のシリーズは5.5(23.5㎝)からの作りになります。

【SHETLANDFOX日比谷店 布施】


,

Repair~リペア Vol.1~

November 13 2013

こんにちはSHETLANDFOX日比谷店の竹本です。11月になり本格的な寒さを感じるようになりました。皆様風邪など引かれませんようにどうぞご自愛くださいませ。

さて、今回は最近徐々にご依頼が増えて参りました修理について少し触れてみたいと思います。
SHETLANDFOXはリーガルコーポレーションが展開しておりますオリジナルブランドでございます。「リーガル=(イコール)修理が出来て長持ちする靴」と認知していただいている方も多いのではないでしょうか。当社は国内にリペア専門のファクトリーを構えさらに修理内容によっては新潟や岩手などの製造ファクトリーにも協力を仰ぎながら、修理可能なお客様の靴を一足一足大切に修理させていただいております。
もちろんSHETLANDFOXの靴も同様にさまざまな修理を承っております。
最も多くご依頼を受けるものに踵のパーツ修理がございます。
どの程度で修理に出したらよいか判断に迷われるお客様も多いようですね。踵のパーツ修理には2種類あり、「化粧替え(別称:トップリフト交換¥3675~)」と「ヒール替え(¥5250~)」がございます。
参考までにまずはこちらの画像をご覧くださいませ。
画像①トップリフト.jpg
画像②トップリフト.jpg
こちらは「化粧替え」が必要な靴の画像です。
SHETLANDFOXでは、ドレスシューズの場合、革を積み上げたスタックヒールを多く採用しております。地層のように踵に横筋が入っているのが見ていただけると思うのですが、磨耗しやすい一番下の層がより強度のあるゴム素材で、二段目から上部は革を幾層にも積み重ねております。この一段目と二段目の境目を越えてしまう前に修理にお持込いただければ「化粧替え」での修理となります。だいたい接地面より5mmぐらいの磨耗が目安とお考え下さいませ。

次の画像のように2段目を越えて削れてしまった状態ですと「ヒール替え」となります。
画像③ヒール替え.jpg
画像④ヒール替え.jpg
磨耗の程度が10mmに迫るまでになりますと全体のバランスが崩れて歩行にも支障が出てきてしまいますので、そうなる前に出来るだけこまめにチェックをしていただいて早めの修理をおすすめいたします。

修理を希望される靴により金額が前後する場合もございますので詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせ下さいませ。

※修理金額につきましては2013年11月現在での代表的な金額を表示しております。
※修理期間につきましては修理内容及び繁忙期などにより変化いたしますのでご了承くださいませ。

【SHETLANDFOX日比谷店 竹本】

「日比谷オリジナル-INVERNESS-」

November 06 2013

皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。
11月1日から当店でも人気のシリーズであります「Inverness(インバネス)」の日比谷店限定のスペシャルモデルが発売になりました。
開発のテーマを「シンプル&エレガント」とし、日比谷(丸の内)という街に相応しい、《洗練された大人》を意識した商品開発を行いました。
お客様からのご意見を踏まえて、私たちが開発のポイントにしてきたのは、ビジネスにおける様々なシーンで対応が出来るスタイルの靴です。

まず最初におこなった木型選びですが、流行にとらわれず、永く履ける靴として私たちが選んだスタイルは、SHETLANDFOXの基本形とも言えるオーソドックスな木型「インバネス」です。
h-inverness2.JPG
このシンプルなデザインはスーツなどドレッシーな装いに合わせやすく、日頃から幅広い層のビジネスマンにご愛用いただいております。
h-inverness3.JPG
現在店頭で発売しているシリーズ中でも評価の高い靴で、先月開催しておりましたパターンオーダーフェアでも人気を集めたシリーズです。
h-inverness4.JPG

つぎに素材選びですが、今回のテーマであります「シンプル&エレガント」のエレガントを表現するのに相応しい素材を探し、目を付けたのが伊サクパ社のラスティックカーフです。通常店頭で発売しておりますインバネスシリーズには、有名タンナー仏アノネイ社のボカルーカーフを使用しております。こちらの写真では2足を並べて比較してみました。
h-inverness5.JPG
左がラスティックカーフで右がボカルーカーフです。ボカルーカーフはアニリンと呼ばれる合成染料で仕上げられた素材で、革の表面感はボックスカーフ並みに繊維が緻密、透明感のある「艶」が特徴になります。そしてラスティックカーフはワックス仕上げを施した素材で、靴の仕上がり感、「光沢感」がすばらしい素材です。
光沢感が増したことで、靴の印象がより若々しい雰囲気になっていると思いませんか。より判りやすくお伝えするとしたら、2枚目の写真では現在店頭で発売しているシリーズの中で一番近い素材と並べて比較してみました。
h-inverness6.JPG
左がラスティックカーフで右がグラスゴーで使用している伊フラスキーニ社チプリアカーフです。チプリアカーフはラスティックカーフと同様の手法で仕上げられた素材になりますが、革が作られているタンナーや仕上げのレシピが異なりますので同じように見えても違う革になります。共通して言えるのは、クリームとワックスを塗ると見違える程の光沢感が生まれます。
色の展開はブラックとダークブラウンの2色展開です。※プレーントウはブラックのみの展開になります。

SHETLANDFOXが提供する履き心地の良さと、ビジネスマンの足元を上品に飾ることが出来る上質な革で、理想の一足が作れました。是非店頭でご覧下さいませ。

今週も皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
※こちらの商品は日比谷店のみで取扱い、発売しております。

モデル№|528F SF(プレーントウ)
色|ブラック ※ダークブラウンの発売は中止になりました。
サイズ|5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格|¥47,250(本体価格¥45,000)

モデル№|529F SF(ストレートチップ)
色|ブラック/ダークブラウン
サイズ|5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格|¥47,250(本体価格¥45,000)

モデル№|530F SF(セミブローグ)
色|ブラック/ダークブラウン
サイズ|5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格|¥47,250(本体価格¥45,000)

※各モデル少数生産のため、売り切れている色/サイズがございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さいませ。

※大変長らく売り切れが続いておりますツインチューブタイプのシューツリー(品番:292)Sサイズでございますが、今月11月中旬に入荷予定となっております。お待ちいただいているお客様に大変ご不便をお掛けいたしておりますがもうしばらくお待ち下さいませ。なお、その後の入荷予定は現在未定となっております。

【SHETLANDFOX 日比谷店 布施】

,

日比谷店

SHETLANDFOX 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館1F
TEL:03-5220-2485
定休日:水曜日(祝日の場合は除く)

このページのトップへ