SHOP blog

『9/10 HAND CRAFTED(九分仕立て)②』

October 28 2015

SHETLANDFOXのショップブログをご覧頂きましてありがとうございます。飯沼です。

芸術の秋、と申しましょうか。10月中は色々な音楽イベントに足を運んでおりました。
イベント事には名前がついておりまして、
『NEO CLASSICAL』
『MY LIFE IS MINE』
『No more ZANGYO!!』
『変わるものと変わらぬもの』
こう言葉を並べて置いて見るのも一興です。
芸と術。喋りと音楽。踊りと映像。酒と泪と男と女...

さて、「芸術(アート)」という言葉の語源を辿っていくと、ギリシャ語の「テクネー」という言葉に行き当たり、
この言葉はもともと「技術」という訳語を当てられておりました。

「技術」の意味するところは広大ですが、ここでは、「スキル」と「テクノロジー」を引き出してみたいと思います。

スキル。皆様、各所各所におかれまして、鍛錬、習熟に余念のないことと思われます。
教養や訓練を通して獲得されていく、個々人の技術・能力、と言えます。
一方、テクノロジー。現代的にざっくり言えば科学技術。
最先端から専門分野、そして日常生活まで、歴史の中で蓄積され、社会的に共有されていく技術、と言えますでしょうか。
ここでは、道具や機械を想像しておいて頂ければ幸いです。

1028-1.jpg
ところで、以前、INFORMATIONにおいてSHETLANDFOXデザイナーはこう書いておりました。
「当社の多くの靴は、ビスポークと呼ばれる手づくりの靴と違い、いわゆる"機械製靴"です。しかし、シェットランドフォックスは、
その中にあって生産に非常に繊細な技術が要求される靴です。その背景には、木型をはじめ多くのパーツが独特な形状で、
生産には、微妙な機械の調整など『トライ&エラー』の繰り返しを避けられないという理由(ワケ)があります」
工場の機械・テクノロジーと工場職人のスキルの組み合わせ。
そうしてSHETLANDFOXの靴は、"機械製靴"既製靴でありながらも、フィッティングと履き心地の良さを高い次元で実現しております。

1028-2.jpg
これに対して、先週のブログでご紹介のありました特別な一足、
「9/10 HAND CRAFTED(九分仕立て)」は、
底の縫いつけを除く、九割方の工程を工房職人が手作業で作りこむ、もうほとんど"手づくりの"既製靴です。
(製造工程については、先週のブログを是非御覧くださいませ。)

言うなれば、工房職人と工場職人の、スキルとスキルの結実。(そしてそれを支えるテクノロジー)
1028-3.jpg
機械化による合理化や効率化ではどうしても失われてしまうものを取り戻すかの如く、
手間や時間を惜しみなく注ぎ込んだ一足でございます。
申し訳ございませんが、大量に生産することを目的としておりませんので、生産数は僅少です。
1028-4.jpg
それはまた、"機械製靴"とは別様の世界を垣間見させてくれます。
1028-5.jpg
1028-6.jpg
「靴の美しさ・楽しさとともにアイロニカルなダンディズムを提案します」
1028-7.jpg
是非、店頭にて御覧下さいませ。

- 9/10 HAND CRAFTED(九分仕立て) -
品番|910F AFJ
色|ダークブラウン
製法|ハンドソーンウェルテッド製法九分仕立て
修理|オールソール、その他
価格|¥172,800(本体価格¥160,000)
※対応シューツリーは¥10,800(本体価格¥10,000)


10月、11月の定休日のお知らせです。
10月28日、11月4日、11日、18日、25日 毎週水曜定休でございます。ご了承下さいませ。

それでは、今週も皆様のご来店をお待ちしております。


『9/10 HAND CRAFTED(九分仕立て)』

October 21 2015

皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。

今週のブログは、まもなく発売されますSHETLANDFOXの最高級ライン「9/10 HAND CRAFTED(九分仕立て)」について
少し触れたいと思います。
9-10handcrafted2.JPG
SHETLANDFOXは2009年春に、成熟してきた日本の靴市場において、
「ブランドに惑わされない、日本人のための日本製の靴ブランド」として再デビューを果たしました。

日本人の足形を豊富な経験から分析し、外見からではわかりにくいリーガルコーポレーションならではの仕掛けを盛り込み、
フィッティングと履き心地の良さを高い次元で実現しております。

流行にとらわれない永く履ける靴、それでいて大人の洒落を忘れずにいたい大人たちの為の靴です。

それから6年、たくさんのお客様にご愛顧いただいてまいりました。
9-10handcrafted3.JPG
そんな中、既製靴として最高の一足、職人が一針一針手作業でつくり上げる特別な一足がまもなく発売されます。

9-10handcrafted4.JPG
九分仕立てとは製造工程の9割方を手作業で作りこむ事からそう言われております。
SHETLANDFOXから発売される九分仕立ては「底の縫いつけ」のみが機械によるもので、
裁断、製甲、ハンドラスティング(釣り込み)、すくい縫い、ヒール付け、底回り仕上げ、アッパーを含む全体の最終仕上げ
に至る工程は全て職人の手作業によって作られる特別な仕様です。
9-10handcrafted5.JPG
既製靴と九分仕立て靴の製造工程で大きく違うところは2つあります。
1つは「釣り込み」と言われる工程です。既製靴は機械で釣り込むのですが、九分仕立ては手でアッパーを引っ張り、
具合を見ながら釣り込んでいきます。
時間は掛かりますがそうすることによって木型にしっかりと這わせる事ができ、
さらに2週間程木型に釣り込まれた状態にしておきますので、木型成りにアッパーが形成され、木型のラインがしっかり
保たれることでフィッティングの向上に繋がっています。

もう1つは中底材とその構造です。
九分仕立ては既製靴に使用している中底よりも2~2.5㎜も厚い5㎜のベンズを使用しています。
分厚いベンズを掘り起こしたリブに直接ウェルト(細革)を縫い付けることで、返りの良さと堅牢さを両立させています。
また、木型の底面形状を忠実に再現し、立体的な中底に成型するために、一度水に浸し、
やわらかくした上で木型の底面に固定し乾燥させています。
その中底面の工程こそが九分仕立ての履き心地を既製靴にはないものとしています。
9-10handcrafted6.JPG
ワンランク上の履き心地が限定足数で発売されます。
※発売は日比谷店のみとなっております。予めご了承下さいませ。
9-10handcrafted7.JPG

- 9/10 HAND CRAFTED(九分仕立て) -
品番|910F AFJ
色|ダークブラウン
製法|ハンドソーンウェルテッド製法九分仕立て
修理|オールソール、その他
価格|¥172,800(本体価格¥160,000)
※対応シューツリーは¥10,800(本体価格¥10,000)


10月定休日のお知らせです。
10月21日、28日 毎週水曜定休でございます。ご了承下さいませ。


『Coventry's Side Gore Boots』

October 15 2015

SHETLANDFOXのショップブログをご覧頂きましてありがとうございます。飯沼です。
昼の日差しと秋の夜長。昼と朝晩の寒暖差が大きいですが、体調など崩されておりませんでしょうか?
どうぞ御自愛下さいませ。

ところで、「最近の若者は酒を呑まない」とは、よく聞くところではありますが、
個人的基本スタンスとしては、
「そこに飲み会があるから、特に予定はないから、たまにだし」と、
「そこでしか聞けない話もありそうだ」と、
わりと気楽に飲み会には顔を出してしまうのであります。
ということで、先日は、とある諸先輩方々の集う飲み会に参加させて頂きました。
強制されたり圧迫されたりすることもなく、諸先輩方はごく自然にアンテナを張られているのか、
何気ない一言も拾って面白くしてくれるので、のびのびと楽しい一時を過ごしてきました。
人を率いている方達はさすがだなー、と感じたのでありました。
ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
時が来たら、あるいは自分も立場が変わればそう振る舞えるのか、甚だ疑わしいところはございますが、
精進して参りたいと思った次第であります。


さて、飲み会といいますと、靴の脱ぎ履きや、紐の煩わしさを懸念される方も多いかと思います。
そんな時に重宝する靴のデザインの一つとして、サイドゴアブーツがございます。
1014-1.jpg

日比谷店に、コベントリーシリーズのサイドゴアブーツが入荷致しました。
1014-2.jpg
1014-3.jpg
- コベントリー サイドゴアブーツ -
品番|028F SF 
色 |ブラック / ブラウン 
製法|グッドイヤーウェルト製法
修理|オールソール、ヒール替え
サイズ|5.5~9.0(23.5~27.0)
価格|¥39,960(本体価格¥37,000)


改めてご紹介しますと、
コベントリーシリーズは、多くのお客様にブランドのコンセプトを体験していただく最初の1足として、
木型のバランスや捻り・絞り・踵廻りなど、ケンジントンシリーズをベースに、開発・生産されている
エントリーラインでございます。

製法にグッドイヤーウエルト式を採用し、アッパーには厚みのある国産牛革を使用、
底材には英国製ダイナイトソールを使用したシリーズでございます。
おかげさまで、日比谷店だけでなく、全国的にもご好評を頂いている、と、お聞きしております。
ありがとうございます。

1014-4.jpg

サイドゴアブーツも、デザインと相まって、気兼ねなく履いて頂ける一足になるかと思います。
どうぞご検討下さいませ。

では、今週も皆様のご来店をお待ちしております。


10月定休日のお知らせです。
10月21日、28日 毎週水曜定休でございます。ご了承下さいませ。


,

『BRIGHTON SERIES』

October 07 2015

皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。

先週予告しておりました2015秋新製品「BRIGHTON(ブライトン)SERIES」がついにデビュー致しました。

こちらの新製品のディテールを解説しますと、
スタイルはグラスゴーシリーズとケンジントンⅡシリーズのハイブリッドといったところでしょうか。
ケンジントンⅡシリーズに比べてややロングノーズのセミスクエアタイプです。

製法は、ケンジトンⅡシリーズと同じで前半部分をグッドイヤーウェルト製法、後半部分をマッケイ製法で作られております。

履き心地のファーストインプレッションは履かれる方の印象や状況によって異なりますが、
私の印象としましてはケンジントンⅡシリーズと同じサイズ(7 in)で比較をすると長さに余裕がある分
ややゆったりとした印象を受けました。

それではデザインをご紹介致します。

まずはこちらのプレーントウです。
サンプルの展示をしていなかったので気になっていたお客様も多かったのではないでしょうか。
brighton2.JPG
品番|030F SF 色|ブラック / ブラウン

そして定番のストレートチップです。
brighton3.JPG
品番|031F SF 色|ブラック / ブラウン

最後にウィングチップです。
今回のウィングチップは内羽根式の「ロングウィングタイプ」で作製致しました。
brighton4.JPG
品番|032F SF 色|ブラック / ブラウン / ダークブラウン
ウィングチップのみ、ダークブラウンの色展開がございます。

brighton5.JPG
底の仕上げはケンジントンⅡシリーズとよく似ており、踵もピッチドヒール仕様です。
底仕上げ色は甲革の色によって異なります。
ブラックはカラス仕上げ(ブラック)、ブラウン/ダークブラウンは半カラス仕上げ(ブラウン+ブラック)です。

是非、一度店頭でご覧下さいませ。

ブライトンシリーズ(ブラウン/ダークブラウン)の甲革について。
この製品は、特殊な技法を施した革を使用しております。
特殊な技法により風合いを最大限に生かした為に、一枚ずつ風合いが異なります。

ブライトンシリーズ(ブラウン/ダークブラウン)の仕上げ方法について。
この製品は、職人の手作業によるブラッシュオフ仕上げを施しております。
その為、一足ずつ仕上げ感が異なります。また、ご愛用して頂くにつれて表面のムラ感が出てきます。
※この製品は濃い色から薄い色に色調を落とし、仕上げクリームにて色付け、
さらに磨きをかけることで革の表面に色調の奥行きを出しています。
職人の手作業から生まれるクオリティーの高い風合感と濃淡によるムラ感が特徴です。

★ご使用上のご注意
・雨の日の着用でシミになることがございます。
・シューローション(クリーナー)及びアルコール類を含んだ布等でのお手入れは色落ちの原因となりますので
 使用をお控え下さい。
・日頃のお手入れは、毛ブラシで軽くブラッシングの後「撥水スプレー」の使用をおすすめ致します。
 (スプレーの液ダレにご注意下さいませ。)
・履き込んで退色した際は、革色に合わせた色のビーズクリームやハイシャインクリームなどで補色して下さい。

職人の手作業から生まれたブラッシュオフ仕上げをお楽しみ下さいませ。

- BRIGHTON(ブライトン) -
品番|030F SF / 031F SF / 032F SF
色|ブラック / ブラウン / ダークブラウン(032F SFのみ展開)
製法|グッドイヤーウェルト製法+マッケイ製法
修理|オールソール、その他
サイズ|5.5~9.0(23.5~27.0)
価格|¥66,960(本体価格¥62,000)
※ブライトンシリーズ専用シューツリーの作製はございません。
 
今週も皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

10月定休日のお知らせです。
10月7日、14日、21日、28日 毎週水曜定休でございます。ご了承下さいませ。


,

日比谷店

SHETLANDFOX 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館1F
TEL:03-5220-2485
定休日:水曜日(祝日の場合は除く)

このページのトップへ