SHOP blog

『9/10 HAND CRAFTED(九分仕立て)』

October 21 2015

皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。

今週のブログは、まもなく発売されますSHETLANDFOXの最高級ライン「9/10 HAND CRAFTED(九分仕立て)」について
少し触れたいと思います。
9-10handcrafted2.JPG
SHETLANDFOXは2009年春に、成熟してきた日本の靴市場において、
「ブランドに惑わされない、日本人のための日本製の靴ブランド」として再デビューを果たしました。

日本人の足形を豊富な経験から分析し、外見からではわかりにくいリーガルコーポレーションならではの仕掛けを盛り込み、
フィッティングと履き心地の良さを高い次元で実現しております。

流行にとらわれない永く履ける靴、それでいて大人の洒落を忘れずにいたい大人たちの為の靴です。

それから6年、たくさんのお客様にご愛顧いただいてまいりました。
9-10handcrafted3.JPG
そんな中、既製靴として最高の一足、職人が一針一針手作業でつくり上げる特別な一足がまもなく発売されます。

9-10handcrafted4.JPG
九分仕立てとは製造工程の9割方を手作業で作りこむ事からそう言われております。
SHETLANDFOXから発売される九分仕立ては「底の縫いつけ」のみが機械によるもので、
裁断、製甲、ハンドラスティング(釣り込み)、すくい縫い、ヒール付け、底回り仕上げ、アッパーを含む全体の最終仕上げ
に至る工程は全て職人の手作業によって作られる特別な仕様です。
9-10handcrafted5.JPG
既製靴と九分仕立て靴の製造工程で大きく違うところは2つあります。
1つは「釣り込み」と言われる工程です。既製靴は機械で釣り込むのですが、九分仕立ては手でアッパーを引っ張り、
具合を見ながら釣り込んでいきます。
時間は掛かりますがそうすることによって木型にしっかりと這わせる事ができ、
さらに2週間程木型に釣り込まれた状態にしておきますので、木型成りにアッパーが形成され、木型のラインがしっかり
保たれることでフィッティングの向上に繋がっています。

もう1つは中底材とその構造です。
九分仕立ては既製靴に使用している中底よりも2~2.5㎜も厚い5㎜のベンズを使用しています。
分厚いベンズを掘り起こしたリブに直接ウェルト(細革)を縫い付けることで、返りの良さと堅牢さを両立させています。
また、木型の底面形状を忠実に再現し、立体的な中底に成型するために、一度水に浸し、
やわらかくした上で木型の底面に固定し乾燥させています。
その中底面の工程こそが九分仕立ての履き心地を既製靴にはないものとしています。
9-10handcrafted6.JPG
ワンランク上の履き心地が限定足数で発売されます。
※発売は日比谷店のみとなっております。予めご了承下さいませ。
9-10handcrafted7.JPG

- 9/10 HAND CRAFTED(九分仕立て) -
品番|910F AFJ
色|ダークブラウン
製法|ハンドソーンウェルテッド製法九分仕立て
修理|オールソール、その他
価格|¥172,800(本体価格¥160,000)
※対応シューツリーは¥10,800(本体価格¥10,000)


10月定休日のお知らせです。
10月21日、28日 毎週水曜定休でございます。ご了承下さいませ。


日比谷店

SHETLANDFOX 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館1F
TEL:03-5220-2485
定休日:水曜日(祝日の場合は除く)

このページのトップへ