SHOP blog

『9/10 HAND CRAFTED(九分仕立て)②』

October 28 2015

SHETLANDFOXのショップブログをご覧頂きましてありがとうございます。飯沼です。

芸術の秋、と申しましょうか。10月中は色々な音楽イベントに足を運んでおりました。
イベント事には名前がついておりまして、
『NEO CLASSICAL』
『MY LIFE IS MINE』
『No more ZANGYO!!』
『変わるものと変わらぬもの』
こう言葉を並べて置いて見るのも一興です。
芸と術。喋りと音楽。踊りと映像。酒と泪と男と女...

さて、「芸術(アート)」という言葉の語源を辿っていくと、ギリシャ語の「テクネー」という言葉に行き当たり、
この言葉はもともと「技術」という訳語を当てられておりました。

「技術」の意味するところは広大ですが、ここでは、「スキル」と「テクノロジー」を引き出してみたいと思います。

スキル。皆様、各所各所におかれまして、鍛錬、習熟に余念のないことと思われます。
教養や訓練を通して獲得されていく、個々人の技術・能力、と言えます。
一方、テクノロジー。現代的にざっくり言えば科学技術。
最先端から専門分野、そして日常生活まで、歴史の中で蓄積され、社会的に共有されていく技術、と言えますでしょうか。
ここでは、道具や機械を想像しておいて頂ければ幸いです。

1028-1.jpg
ところで、以前、INFORMATIONにおいてSHETLANDFOXデザイナーはこう書いておりました。
「当社の多くの靴は、ビスポークと呼ばれる手づくりの靴と違い、いわゆる"機械製靴"です。しかし、シェットランドフォックスは、
その中にあって生産に非常に繊細な技術が要求される靴です。その背景には、木型をはじめ多くのパーツが独特な形状で、
生産には、微妙な機械の調整など『トライ&エラー』の繰り返しを避けられないという理由(ワケ)があります」
工場の機械・テクノロジーと工場職人のスキルの組み合わせ。
そうしてSHETLANDFOXの靴は、"機械製靴"既製靴でありながらも、フィッティングと履き心地の良さを高い次元で実現しております。

1028-2.jpg
これに対して、先週のブログでご紹介のありました特別な一足、
「9/10 HAND CRAFTED(九分仕立て)」は、
底の縫いつけを除く、九割方の工程を工房職人が手作業で作りこむ、もうほとんど"手づくりの"既製靴です。
(製造工程については、先週のブログを是非御覧くださいませ。)

言うなれば、工房職人と工場職人の、スキルとスキルの結実。(そしてそれを支えるテクノロジー)
1028-3.jpg
機械化による合理化や効率化ではどうしても失われてしまうものを取り戻すかの如く、
手間や時間を惜しみなく注ぎ込んだ一足でございます。
申し訳ございませんが、大量に生産することを目的としておりませんので、生産数は僅少です。
1028-4.jpg
それはまた、"機械製靴"とは別様の世界を垣間見させてくれます。
1028-5.jpg
1028-6.jpg
「靴の美しさ・楽しさとともにアイロニカルなダンディズムを提案します」
1028-7.jpg
是非、店頭にて御覧下さいませ。

- 9/10 HAND CRAFTED(九分仕立て) -
品番|910F AFJ
色|ダークブラウン
製法|ハンドソーンウェルテッド製法九分仕立て
修理|オールソール、その他
価格|¥172,800(本体価格¥160,000)
※対応シューツリーは¥10,800(本体価格¥10,000)


10月、11月の定休日のお知らせです。
10月28日、11月4日、11日、18日、25日 毎週水曜定休でございます。ご了承下さいませ。

それでは、今週も皆様のご来店をお待ちしております。


日比谷店

SHETLANDFOX 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館1F
TEL:03-5220-2485
定休日:水曜日(祝日の場合は除く)

このページのトップへ