SHOP blog

「Hiking-Scafell-」

November 28 2012

間もなく12月を迎えます。年末に向けてこれからお忙しくなると思いますが、その前に行く秋を思う存分楽しみましょう。
今週は私が秋の新製品「Scafell(スコーフェル)」を履いて歩いた感想をお伝えしたいと思います。
スコーフェルは片足が約785gと重厚感があり、ハードな環境にも耐えるタフさが感じられます。   
今回このモデルの履き心地を確かめるべく、私が訪れたのは紅葉が見ごろを迎えております筑波山(茨城県)です。「西の富士、東の筑波」と富士山と並び称される筑波山ですが、日本百名山の中でも標高が低く、比較的気軽に登山が楽しめる山としても有名です。関東平野を一望できる山頂へは、ケーブルカーやロープウェイでも行くことができますが、もちろん私は登山で山頂を目指すことにしました。登山の場合は足首まであるハイカットモデルがオススメです。

hiking4.jpg

今回までにひと月位の履き慣らし期間がありましたので、最初に足を入れたときに感じた屈曲の硬さはだいぶ解消されており、多少柔軟性が出てきましたが、山道は何があるかわかりませんからお手入れを済ませてから登山へ出かけました。

hiking2.jpg
まずは筑波山神社に参拝してから登山コースへ。















hiking3.jpg
今回選んだのは白雲橋(しらくもばし)コース」筑波山神社から酒迎場分岐、そして弁慶茶屋跡を経て女体山頂へと向かうルートです。
最初は軽快な足取りで山道を歩いていましたが突如岩場だらけの道に悪戦苦闘することに、豊かな自然を楽しみながら登るはずが、写真を撮る余裕すらありませんでした・・・。












この長く続く岩場の道を乗り越えるのにスコーフェルで使用している底材、シャークウェッジソールが大活躍でした。平行に入っている溝が岩場に引っかかることでスリップ防止の役割に、また材質も厚めでクッション性が良かったのと踏まず部分のしぼりが足裏をサポートしているので長時間履いていても足の裏が痛くなったりしませんでした。 

hiking5.jpg
約120分かけて辿り着きました女体山頂。岩場から眺める関東平野の景色に感動です。















hiking6.jpg
女体山から男体山へは山頂連絡路を使って向かうことに。道中にありますパワースポット「ガマ石」ガマガエルのような形をした自然石。小石を投げてガマの口に入ると願いが叶うと言われており、みなさん夢中で小石を投げておりました。













男体山に着きますと登山中には感じられなかったほど風が冷たく体が冷えてきました。そのときに感じたのはスコーフェルは履き口周りにクッションが入っていることで足当たりが良いのと、足首までしっかり固定することが出来るので冷たい風の浸入を抑える効果が感じられました。

hiking9.jpg

帰りはケーブルカーを利用して一気に下山してしまいました。8分ほどで筑波山神社に隣接する宮脇駅へ到着です。

hiking7.jpg
宮脇駅周辺には見ごろを迎えたもみじと下から見上げる筑波山の景色に感動です。さらに辺り一面がもみじの赤い絨毯になっており、登山の疲れを忘れさせてくれる帰り道でした。














スコーフェルも今回のハイキングでだいぶ馴染んできたと思います。履き込めば履き込むほどに風合いが増す植物性タンニンの革を使用したスコーフェル、お客様と永く付き合える1足としてオススメです。

いかがでしたか。今週末でしたらギリギリ紅葉に間に合うかも知れません。ぜひ皆様も残り少ない秋を満喫して下さい。

hiking8.jpg

※スコーフェルは本格的な登山専用靴ではありません。 

, ,

「Suede Shoes」

November 07 2012

日に日に秋が深まる季節となりましたが、皆様は秋といえば何を思い浮かべますか。「○○の秋」、私は「行楽の秋」を思い浮かべます。北関東では紅葉が見ごろを迎えており、行楽にお出掛けになられた方も多いのではないでしょうか。私も中旬ごろに出掛ける予定を立てております。
さて、秋になると履きたくなるスエード素材の靴。ショップブログでも時折、写真を掲載してきましたが今回は一挙にご紹介致します。
現在SHETLANDFOXで発売しておりますスエードシューズは4モデルございます。その全てのモデルにイタリア・シャラーダ社の上質なカーフスエードを使用しております。こちらのスエードは有名な英国のチャールズ・Fステッド社のスエードに比べて毛足が多少長く、ソフトに仕上げられているのが特徴です。そのため、とても柔らかい履き心地となっています。
それでは各モデルをご紹介致します。
現在もっとも高い人気を集めているモデル「グラスゴー」
今シーズンよりダブルモンクがデザイン追加されました。こちらはカーフ素材を含めて5アイテムの展開をしております。そしてセミブローグにはスエード素材が追加になりました。上品で大人のカジュアルスタイルにもオススメです。
suedeshoes2.jpg

デザイン№ | 3075(グラスゴー/ダブルモンク)、3049(グラスゴー/セミブローグ)
色 | BS.DBRS
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥39,900(税込)

suedeshoes3.jpg

今年の春に惜しくも製造を止めることになりました「ナイツブリッジ」
エレガントなラストで人気を集めたモデル。足に吸い付くようなフィッティングは付加価値を高めております。
デザイン№ | 3037(ナイツブリッジ/サイドゴア)
色 | BS.DBRS
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥42,000(税込)  ※ナイツブリッジは廃番につき、特別価格でご提供しております。

suedeshoes4.jpg

先週のショップブログでもご紹介致しましたマウンテンスタイルのカジュアルブーツ「スコーフェル」
しっとりと落ち着いた雰囲気をもつブラウンスエードは味わい深い経年変化が期待できる1足です。
デザイン№ | 3074(スコーフェル)
色 | BRS
サイズ | 6.0~9.0(24.0~27.0㎝)
価格 | ¥36,750(税込)

suedeshoes5.jpg

発色のきれいな色展開がされているチャッカブーツ「ミュアフィールド」
オッタープルーフ(撥水加工)されたスエードを使用しております。ナチュラルクレープソールならではのクッション性や足馴染みの良さから人気を集めているモデルです。
デザイン№ | 3053(ミュアフィールド)
色 | BEGS.NVYS.REDS
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥27,300(税込)

この季節ならではのファッションアイテム。 是非店頭でご覧ください。

, ,

「Mountain Style」

October 31 2012

2012秋新作コレクションのご紹介でございます。

レザースニーカー(スペイサイド)でお馴染みのカジュアルコレクションはドレスシューズと同様に足形に近いラストを採用し人気を集めております。
今季、そのカジュアルコレクションの新しいスタイルの提案として登場したのがマウンテンスタイルのブーツ「Scafell(スコーフェル)」です。
mountainstyle2.jpg
mountainstyle4.jpg

秋冬の必携アイテムとして欠かせないブーツ、今年も間違いなく様々なブーツが注目されること間違いなしです。 
SHETLANDFOXは英国調の傾向であるのに何故、アメリカンカジュアルの代名詞とも捉えられがちなマウンテンスタイルのブーツを作ったのでしょうか? デザイナーに聞いてみました。
スコーフェルというモデル名は英国最高峰の山、スコーフェル山から付けたそうです。
デザイナーは古くからジェントルマンのスポーツとして親しまれてきた登山にスポットを当てたことで今回の企画が生まれたと話しております。私は本格的な登山をした経験がありませんが、興味がありましたので英国と登山の関係性を調べていましたら、英国にすごい登山家がおりました。伝説の登山家「ジョージ・マロリー」です。 世界最高峰の山、エベレストに探検隊として三度参加しましたが1924年、三度目の遠征の際に頂上付近で行方不明になりました。マロリーの最期は75年に亘って謎に包まれておりましたが、1999年に発見されました。マロリーがエベレストの登頂に成功したかどうかはいまだ謎のままといわれております。このお話しを聞いてぴんとくる人は少ないと思いますが、マロリーが残したといわれる名言を聞くとぴんとくる人は多いのではないでしょうか。ニューヨーク・タイムズ紙の記者から「なぜ、あなたはエベレストを目指すのか?」という問い掛けに対し「そこに山があるから」と答えたとされるマロリー。最近ではこのマロリーの物語が映画化されることも予定されており話題になっております。

話しはだいぶ反れましたが、登山してみたくなりませんか?とは言っても本格的なマウンテンブーツではございませんのでご注意下さい。都会的で軽量化されたマウンテンスタイルとしてデニムなどに合わせて履いて頂きたいと思います。さっそくですが私もスコーフェルを履いて紅葉ウォッチングに出かけてみたいと思います。
カラーは全部で4色です。
mountainstyle1-2.jpg
mountainstyle5.jpg

国産タンニンレザーを使用したブラック・ダークブラウン・タンカラーと伊シャラーダ社のスエードを使用したブラウンスエードです。
底材はカジュアルコレクションの定番シャークウエッジソールを採用しております。
是非店頭でご覧下さいませ。

デザイン№ | 3074(スコーフェル)
色 | B.BRS.DBR.TAN
サイズ | 6.0~9.0(24.0~27.0㎝)
価格 | ¥36,750(税込)

,

「TRUNK SHOW-2012A/W COLLECTION-」

August 15 2012

今回は日比谷店で開催しております「トランクショー2012秋冬コレクション」をご紹介いたします。
先月頃よりお問い合わせがふえてまいりましたこの秋の新作コレクションをひと足早く見ていただきたいと思い、各モデルのサンプルをご用意いたしました。商品の説明はもちろんですが、サイズが合えば実際にフィッティングをしていただくこともできます。
ちなみにトランクショーといっても先行発売はしていなく、ご予約のみ受け付けておりますので予めご了承ください。

まずは2010年秋にリリースされましたチゼルスクエアのラスト「Glasgow(グラスゴー)」にダブルモンクとチャッカブーツが加わりました。


trunkshow2.jpg
ダブルモンクはトウキャップをレベルソ(ステッチ無し)仕立てにする拘りようです。そして素材では伊シャラーダ社のブラックスエード、ブラウンスエードが追加になります。こちらのスエード素材はセミブローグとダブルモンクのみに使用されております。


そしてマルチパーパスシューズとして開発されました「Ashford(アッシュフォード)」。
trunkshow3.jpg
ベーシックなラストに伊ポラリス社のオイルカーフを使用することで、タフに履ける便利な靴の提案です。
底材には英国で伝統のあるリッジウエイソールを採用いたしました。


カジュアルからはレースアップブーツの「Scafell(スコーフェル)」を発売いたします。
trunkshow4.jpg
英国では昔から登山は紳士のスポーツとして親しまれてきたこともあり、マウンテンブーツを現代風にアレンジしたのがこのモデルです。ハードになり過ぎないスマートなフォルムに仕上がっておりますので週末靴として提案したい1足です。こちらは希少な国産タンニンレザーを使用したブラック、ダークブラウン、タンの他に、伊シャラーダ社のスエードを使用したブラウンスエードの4色展開です。

トランクショーは9月上旬までの開催となっておりますので、ご興味がありましたら是非お立ち寄りくださいませ。

, , ,

日比谷店

SHETLANDFOX 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館1F
TEL:03-5220-2485
定休日:水曜日(祝日の場合は除く)

このページのトップへ