SHOP blog

「WINDSOR-ウィンザー-」

May 28 2014

皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。まもなく6月を迎えます。6月といえば梅雨・・・長雨の季節になりますので、先週ご紹介いたしましたラバーソール「コベントリー」が活躍する時期になります。
そしてもう一つ、日比谷店ではこの時期に活躍する靴をご用意しておりました。今年の1月に発売され、ブログでもご紹介いたしましたオペラパンプス「Windsor(ウィンザー)」です。
ようやくこの靴にスポットがあたる時期が来ました。6月といえば「June bride(ジューンブライド)」テレビや雑誌でも取り上げられており、目にする機会が増えておりますので、ご予定のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ところが、日本では6月に式を挙げられる方は少ないとのことです。
ジューンブライドという言葉が古くから言い伝えられているのになぜ?と思いましたが、それは気候のせいだそうです。日本では梅雨の時期にあたりますので、雨が降る中を招待客に来てもらうのは悪い気がしたり、特別な日ですから晴れた日に行いたいという思いがあるそうです。わかる気がします。しかしながら、ジューンブライドという言葉の響きには幸せを感じさせるものがありますし、当日の天気に合わせたプランも用意されているそうです。また海外で式を挙げられる方もとても素敵に思います。
windsor2.JPG
SHETLANDFOXではこのような素敵な場で履ける靴もご提案していきたい考えており、オペラパンプスの企画をしてきました。
windsor3.JPG
ようやく完成されたオペラパンプスがこちらです。それではディテールをご紹介いたします。
まず基本となる木型は先々週、ブログでご紹介いたしましたルームシューズ「Mayfair(メイフェア)」と同じ木型になります。製法も同じマッケイ製法で丁寧に作られております。
windsor4.JPG
こちらはメイフェアと比較した写真になります。メイフェアはライニングの素材をキルティングにしておりますが、ウィンザーでは革を採用しました。革は適度な厚みがありますし、吸湿性もあります。履き口が広い靴なので、メイフェアでは踵が抜けてしまうといった意見が多くいらっしゃいましたので、踵の引っかかりがある起毛素材に変更し改善しました。これによってだいぶ、踵フィット感が良くなっております。
windsor5.JPG
オペラパンプスを代表するディテールの甲飾りリボンは、少し大きめのバタフライタイプにしました。ちょっとした拘りです。
windsor6.JPG
底はレザーソールで、カラス仕上げ(ブラックステイン)。修理をされるほど歩かれる方は少ないと思いますが、オールソール、ヒール替え(化粧替え)が可能です。ご縁がございましたら、是非試着してみて下さいませ。今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

品番|3088 SF
色|パテントレザー※ブラックのみ
ソール|レザーソール
修理|化粧替え(¥3,500)、ヒール替え(¥5,000)
サイズ|5.5~9.0(23.5㎝~27.0㎝)
価格|¥34,560(税込)
※現在、こちらのオペラパンプスは日比谷店のみで発売しております。全国展開の予定は未定となっております。

※6月8日(日)は蚕糸会館ビルメンテナンスの為、定休日となります。
※6月定休日のお知らせです。6月4日、11日、18日、25日。日比谷店は毎週水曜日が定休日となっております。

【SHETLANDFOX 日比谷店 布施】

, ,

「MAYFAIR-メイフェア-」

May 14 2014

皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。
清々しい五月晴れが快い季節となりましたがいかがお過ごしですか。
これだけ心地良い日が続きますとつい休憩中に丸の内仲通りをふらっと散歩したくなります。そこで今週のブログは清々しい休日の足元をカジュアルに、かつ上品に飾れる一足を私からご提案させていただきます。

SHETLANDFOXのシリーズの中でも異彩を放つルームシューズ「Mayfair(メイフェア)」。
優雅で非日常的なイメージがありますが、特別な休暇のときに是非履いていただきたい一足です。またスーツケースに詰めていけば旅行先への移動中や、ホテル、ラウンジで履かれてみても足元を上品に飾ってくれると思います。※ルームシューズといってもスリッパではなく、底付けはしっかりされておりますのでスリッポンシューズとしてお履きいただけます(※バックナンバーもご覧下さいませ)
私はよく店舗で履いておりますが、履き心地はかなりゆったりしております。履き心地よりもおしゃれ重視で2年間愛用しております。
mayfair2.JPG
フロントには「SF」のロゴマークが金モール刺繍で施されており、印象的です。
mayfair3.JPG
mayfair4.JPG
品番|3035 SF
色|ブラックウォッチ、ブラックベルベット
ソール|レザーソール
サイズ|5.5~9.0(23.5㎝~27.0㎝)
価格|¥25,704(税込)
※メイフェアシリーズの在庫に関しましては、日比谷店及び若干の弊社倉庫在庫のみとなります。売り切れの場合は何卒ご了解のほどよろしくお願いいたします。

mayfair5.JPG
今回はこちらのスリッポンシューズも合わせてご紹介させていただきます。ルームシューズではございませんが、柔らかさと軽さをボロネーゼ製法という高い技術によって仕立てられたシリーズ「Greenwich(グリニッジ)」これからの季節の着こなしにオススメしたい一足です。
私は昨年の春夏シーズンにグリニッジを履いておりまして、履き心地をブログで紹介させていただいたのですが(※バックナンバーもご覧下さいませ)、メイフェアとの履き心地を比較した場合、私の印象では街中を長い時間歩くときはグリニッジの方が疲れにくい印象を受けております。ご興味がございましたら是非参考にしてみてくださいませ。

品番|3079 SF
色|ブラウン、ダークブラウン
ソール|レザーソール
サイズ|5.5~9.0(23.5㎝~27.0㎝)
価格|¥32,400(税込)
いかがでしたか。今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

【SHETLANDFOX 日比谷店 布施】

, ,

「Mayfair-Price Down-」

October 02 2013

こんにちはSHETLANDFOX日比谷店の竹本です。
秋の風情が深まって参りました。お店の前の歩道も落ち葉でいっぱいになりなかなか風情がございます。澄んだ空気の中を歩くのは気持ちが良いですね。

最近はケンジントンの製造中止や11月1日からの価格改定などテンションの下がる話題が多かったのですが、今回は皆様に少しだけ耳寄りなお知らせをさせていただきたいと思います。高級感と遊び心がマッチングしたルームシューズ「Mayfair(メイフェア)」がこのたびお値段を見直しまして、お求めいただきやすくなりました。

90年代のSHETLANDFOXで定番として展開されていたルームシューズの復刻である「Mayfair(メイフェア)」は英国調ファッションの人気に伴って、ここ数年の間にふたたびフューチャーされるようになったアイテムです。
もともとは英国貴族が自宅でくつろぐ為に履かれていたスリッポンタイプのルームシューズだったものが、時を経てタウンユースに使われるようになりました。
マッケイ製法のレザーソールなのでたいへん返りの良い歩き心地になっております。
画像①131002.jpg
お仕事で疲れた足を休日に甘やかしてあげるのに最適です。
トゥシルエットは長さのあるエッグトウゥでスッキリとしております。
画像②131002.jpg
そして注目は本場インドの職人が手がけましたハンドワークによる金モール刺繍のモノグラムです。
画像③131002.jpg
ここまで精巧に刺繍されているものが靴に使われているのはきわめて珍しい事です。ため息ものの美しさですが、現在このような繊細な刺繍ができる職人さんは数が減っているらしくもしかしたらもう二度とみられないかもしれません。カラーは黒豹のような漆黒のベルベットブラックと温かみのあるウール地のブラックウォッチ柄となっております。是非この機会にご検討くださいませ。

デザイン№ | 3035(メイフェア)
色 | B・GREN(ブラックウォッチ)
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 |旧価格¥35,700→新価格¥24,990- (税込)

★前回ご案内いたしました『日比谷店限定~伊イルチア社(ラディカカーフ)オーダーベルト~』でございますが、おかげさまでブラックが完売いたしました。引き続きブラウンとワインは注文を承っております。バックルはシルバーとゴールドの二色からお選びいただけ、長さも2.5センチ刻みで75センチから95センチまで対応しております。価格は¥18,900-(税込み)、でございます。
こちらも是非ご検討くださいませ。

【SHETLANDFOX  日比谷店 竹本】



,

「ROOM SHOES」

October 25 2012

SHETLANDFOXのコンセプトは「靴の美しさ・楽しさとともにアイロニカルなダンディズムを提案する」です。このフレーズにある「アイロニカル(ironical):皮肉な、皮肉っぽい」や「ダンディズム(dandyism):お洒落、伊達好み」とは、まさにこの靴のことを表しているのではないでしょうか。
大人のお洒落を忘れずにいたい大人たちの靴として開発されましたルームシューズ「Mayfair(メイフェア)」
roomshoes2.jpg
90年代のSHETLANDFOXで定番として展開されていたルームシューズの復刻です。ルームシューズにはいろいろな呼び方がありまして、ベルベット・スリッパーとも呼ばれております。
もともとは英国の貴族がお屋敷内で履いていたものなので私とはまったく縁のない履き物でございますが、最近では各英国靴ブランドやお洒落なショップからも出されておりトレンドアイテムのひとつに挙げられております。合わせ方は履く人のセンス次第なところがありますが、さまざなシーンで愛用出来る1足でございます。
この靴の魅力はなんといっても、精巧で高級感溢れる金モールの刺繍です。メイフェアにはブランドのイニシャル「SF」が浮き出るように刺繍されております。この刺繍は金メッキを施した細い金属線を機械ではなく、職人の手作業によって作られているものです。ここまで精巧に縫える職人さんは世界でも数名と言われております。ちなみにこの金モール刺繍はインドで製作されました。
本来ルームシューズは室内で履くものなので丈夫な底が付いておりませんが、こちらは外に履いて出られるよう底はレザーソール仕様になっております。また底付け方法はマッケイ製法を採用致しました。そしてライニングにはコットンを挟んだワインカラーのキルティングを全面に敷いておりますので非常に柔らかい履き心地となっております。
roomshoes3.jpg
roomshoes4.jpg
roomshoes5.jpg
素材はブラックがベルベット、グリーンはウール地のブラックウォッチです。

是非一度店頭でご覧下さいませ。

デザイン№ | 3035(メイフェア)
色 | B.GREN(ブラックウォッチ)
サイズ | 5.5~9.0(23.5~27.0㎝)
価格 | ¥35,700(税込)


,

日比谷店

SHETLANDFOX 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館1F
TEL:03-5220-2485
定休日:水曜日(祝日の場合は除く)

このページのトップへ