SHOP blog

『 HALF RUBBER SOLE 』

June 15 2017

皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。
いつもショップブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

梅雨の季節になり、毎日天気予報が気になります。
先週のブログでは、ラバーソールシリーズ「COVENTRY(コベントリー)」を紹介させて頂きました。
長雨が続くこの時期に備え、準備はできていますか。

私の場合、朝から雨が降っていれば、間違いなくラバーソールの靴を履いて出掛けますが、
「今日は雨が降るかも」という油断できない日が困ります。

その理由としては、持っている靴の殆どがレザーソールで、ラバーソールの靴をあまり持っていないからです。
続けて履くと靴に負担が掛かってしまうので、雨の日以外はラバーソールの靴を履くことを控えています。
同じような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

今日のブログでは、どちらを履いて出掛けようか迷ったときの為に、
私が用意している靴を紹介させて頂きます。


予め、レザーソールにハーフラバーを貼った靴です。
レザーソールは減りやすい、滑りやすい、雨に弱い、
その為の補強としてハーフラバーソールをお勧めしています。

しかし、これを雨用の靴としてガシガシ履くことは推奨出来ませんので、
「一時的に降る雨」を凌ぐ位の考えであれば、効果があると思います。

もう十分履いた靴を雨用として履いてもいいかな、と思える靴をお持ちでしたら、
ハーフラバーを貼って実用性の高い靴にしても良いのではないでしょうか。


ハーフラバーソール(左右両足)
リペア費用¥3,240(税込)
色はブラック、ダークブラウン、ベージュの3色。


ヒールもラバーヒールに出来ます。
接地面が全てラバー素材になり、耐摩耗性がよくなります。
ラバーヒール(左右両足)
リペア費用¥3,240(税込)
色はブラックのみです。

リペア期間は目安として2週間~3週間頂いております。
ただし、リペアの受付の混み具合 によって前後しますので予めご了承下さい。

 


雨に濡れた靴、一日履いて汗をかいた靴の中はなかなか乾きません。
靴用乾燥剤シュードライは靴内部の乾燥に効果的です。
靴の中の湿気が気になるこの時期は特に推奨しています。
品番|TY32
価格|¥1,404(本体価格¥1,300)


今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

■6月の定休日のお知らせです■
6月21日、28日毎週水曜定休でございます。

 

 

『お手入れの御相談や修理の御相談も』

February 01 2017

SHETLANDFOXのショップブログをご覧頂きましてありがとうございます。飯沼です。

 

平素よりSHETLANDFOXの靴を御愛用頂いている皆様、
(また、まだ履いたことはなくとも、御興味をお持ちいただいている皆様も)
誠にありがとうございます。

 

日比谷店では、お手入れや修理の御相談も、日々、承っております。
日頃お使い頂いている皆様のSHETLANDFOXの靴のお話に、耳を傾けたいと思っております。

「今年は自分でしっかり靴を磨こうと思っている」

「ハイシャインがうまく出来るようになりたい」
「修理に出そうと思っているが、タイミングが分からない」
「秋冬に頑張った靴を労って休ませたい」
「春からまた活躍させたい靴がある」
などなど、皆様の思いの一助となれれば幸いであります。

日頃からのお手入れ・修理の疑問や不明点、不安な点などございましたらお聞かせ下さいませ。

それぞれの靴の状態を拝見しながら、ひとつひとつ個別にお応え致します。

※靴の状態、店内の混雑状況によっては靴をお預かりさせて頂く場合もございます。
 修理を要する場合には、お預かりとなります。
 また、靴の種類や傷み具合によっては修理が出来ない場合もございます。
 あらかじめご了承ください。

 

お時間ございましたら、SHETLANDFOXの靴をお履きになって、あるいは、
お持ちになって、どうぞお気軽に日比谷店にお立ち寄り下さいませ。

それでは、今月も皆様の御来店をお待ちしております。

 

■2月の定休日のお知らせです■
2月1日、8月、15日、22日 毎週水曜定休でございます。予めご了承くださいませ。


節分も過ぎて、三日寒い、四日温かい、と、春が近づいてくれば、
冬もそろそろ終盤ということでしょう。
何かしらの試験が控えている方々はもう一踏ん張り。
寒暖差、季節の変わり目に体調を崩されぬよう、どうぞ御自愛下さいませ。

 

 

『Repair - Heels & Toe Tips - 』

April 20 2016

皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。

 

おかげさまで、SHETLANDFOX日比谷店は5年目を迎えることができました。

 

最近では知名度も上がり、シェットランドフォックスの靴を履いてみたいとご来店されるお客様がたくさんいらっしゃいます。
私自身も、再デビューから携わっているものとして特別な思いを感じており、これからも多くのお客様にシェットランド
フォックスの靴を履いていただきたい、気に入った一足に出会っていただきたい、靴に愛着をもっていただきたいと願っております。

 

しかし、気に入った一足も、永く付き合っていきたいと思う一足も、ヒールやソールは消耗品ですので、
丁度いいタイミングで修理されなければなりません。

 

リーガルコーポレーションは極めて厳格な社内基準のもと、末永く履いていただける耐久性の高い靴を作り続けてまいりました。
その延長として、リペア分野にも注力しております。

 

以前にもショップブログでご紹介させていただきましたが、
リペアは、ある意味、新品の靴を作る以上に難しい作業技術を要します。
リーガル、シェットランドフォックスの靴を大切に履いて下さるお客様のご期待に応えるべく、熟練職人の手作業による入念な
リペアを行っております。
リーガル、シェットランドフォックスのリペアが街の修理店と少し違うのは、基本的に純正パーツを使ったリペアが可能な点です。
オリジナルの木型を使ってソール交換を行うと、履き込んだことによる足馴染みはそのままで、その靴が作られたときに近い
フォルムに戻すことができます。

 

リーガルコーポレーションではリペア専門のファクトリーを持たず、新品の靴を製造しているラインで、リペアを行っております。 
効率を考えれば、リペア専門のファクトリーで修理をした方がスピードという観点からも良いのですが、実際、新品もリペアも
リーガル、シェットランドフォックスの靴は同じラインで丁寧に製造、リペアにあたっております。
これもリーガルコーポレーションは品質第一で、新品と同様にリペアも大事にする気持ちの表れでございます。

 

今週は、リペアの中でも初めに交換されることが多い「ヒールとつま先」についてご紹介させていただきます。

repair2
ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、ヒールは二層構造になっております。
本底の下に革の積み上げがあり、その下にトップリフト(化粧)が付きます。
repair3
トップリフトの修理の目安は、接地面から約5㎜くらい減ったところです。
革の積み上げまで減ってしまった場合は、積み上げを含めた修理となります。
靴へのダメージを抑えるため、早めの修理をお勧めいたします。
repair4
「化粧替え、ヒール替え」
価格|¥3,780~¥5,400(税込)
お預かり期間|2週間~3週間


repair5
最近では、ヒールと一緒につま先の修理をされるお客様が増えております(お店でも推奨しております)。

repair6
履きおろして間もなく、つま先の減りが気になります。靴の返りがついてくると少し落ち着きますが、
減りすぎには注意が必要です。

つま先は本底とウエルトに分かれており、修理が可能なのは本底の減った部分の修理です。
※ウエルトまで減ってしまった場合はご希望に添えない場合がありますので、こちらも早めの修理をお勧めいたします。

repair7
完成後はこのようにラバーが付きます。

 

「つま先ゴム貼り」
色|ブラック、ダークブラウン
価格|¥2,160~¥2,700(税込)
お預かり期間|2週間~3週間


これからの時期、ゴールデンウィークにより納期が変わります。予め、日数に余裕をもってお持ち下さいませ。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。


※修理の追加、変更について
 お預かりいたしました靴の状態により修理箇所の追加、変更等をお願いすることがあります。
 追加及び変更の必要がある場合はお店よりご連絡させていただきます。
 また、修理材料の在庫により修理完了が変更になる場合もありますのでご了承下さいませ。

 

 

■4月、5月の定休日のお知らせです■
4月20日、27日
5月11日、18日、25日
毎週水曜定休でございます。予め御了承下さいませ。
※5月4日(水)は祝日のため、通常営業です。

 

今週も皆様の御来店を心よりお待ちしております。

『Repair information』

November 12 2014


皆様こんにちは。日比谷店の布施でございます。
日増しに寒さが身にしみるようになりました。冬がもうすぐそこまで来ているようですね。

毎週水曜日に更新しておりますショップブログでは、
商品に関するお知らせやリペア(修理)に関するご案内をさせて頂いております。
先月、ブログで「爪先ゴム貼り」を紹介させて頂いたところ、
早速、反響がございまして多くのお客様にご利用頂いております。
repair 2.png

リーガルコーポレーションではリペア専門のファクトリーを持たず、新品の靴を製造しているラインで、リペアを行っております。 
リペアは、ある意味、新品の靴を作る以上に難しい作業技術を要します。
REGAL、SHETLANDFOXの靴を大切に履いて下さるお客様のご期待に応えるべく、熟練職人の手作業による入念な
リペアを行っています。

効率を考えれば、リペア専門のファクトリーで修理をした方がスピードという観点からも良いのですが、実際、新品もリペアも
REGAL、SHETLANDFOXの靴は同じラインで丁寧に製造、リペアにあたっております。
これもリーガルコーポレーションは「品質第一」で、新品と同様にリペアも大事にする気持ちの表れでございます。

REGAL、SHETLANDFOXのリペアが街の修理店と少し違うのは、基本的に純正パーツを使ったリペアが可能な点です。
オリジナルの木型を使ってソール交換を行うと、履き込んだことによる足馴染みはそのままで、その靴が作られたときに近い
フォルムに戻すことが出来ます。


今週は、修理のご依頼の前にご確認頂きたい「年内上がり受付締切日」をご案内させて頂きます。

SHETLANDFOXの靴をオールソールする場合、シリーズによって異なりますが、
通常一ヶ月~二ヶ月の期間を頂いております。※リペアの受け付けの混み具合によって期間が前後いたします。
repair 3.JPG
・オールソールの場合。受付締切日|12月2日(火)
※特殊なパーツ・仕様を施しているシリーズは受け付けが終了しております。
  グッドイヤーウェルト+マッケイ製法やチャネル仕上げ(伏せ溝)が主に対象になります。
※オールソール+中底替えが必要な場合。
  通常で二ヶ月半の修理期間を頂いておりますので、こちらも受け付けが終了しております。

・オールソール+修理一箇所の場合。受付締切日|12月2日(火)

repair 4.JPG
・修理一箇所の場合(ヒール替え、爪先ゴム貼り、スベリ替えなど)。受付締切日|12月9日(火)

repair 5.JPG
・修理二箇所の場合(化粧替え+爪先ゴム貼り、ヒール替え+スベリ替えなど)受付締切日|12月4日(木)

日比谷店は毎週水曜日が定休日となっておりますので、他店舗との締切日が若干異なります。

また、生産が終了しているシリーズの靴(修理パーツの供給遅れ)や修理内容に追加・変更が必要とされた場合、
遅れが生じることがございますので予めご了承下さいませ。

その他、ご質問等ございましたら、お気軽にご相談下さいませ。
よろしくお願い申し上げます。

年内上がりをご要望されないリペアに関しましては、随時店舗にて受け付けを行っております。今週も皆様のご来店を
心よりお待ち申し上げております。


11月定休日のお知らせです。
11月19日(水)、26日(水)
毎週水曜定休でございます。ご了承下さいませ。


『爪先ゴム貼り』

October 08 2014

SHETLANDFOXのブログをご覧頂きましてありがとうございます。飯沼です。

すでにビール売り場に冬物ビールが並んでいたり、文具売り場に2015年のカレンダーが並んでいたり、小さい秋が見つかりません。
とはいえ、皆様におかれましては、食欲、スポーツ、芸術、行楽、などなど、それぞれの秋を楽しんでおられることと思います。

読書の秋、私は読書の秋にしたい、ということで、以下の本を読もうと思っております。
 『差異と反復』 ジル ドゥルーズ(著)
 『路地裏の資本主義』 平川克美(著)
 『NHK ニッポン戦後サブカルチャー史』 宮沢章夫(著)
 『資本主義が嫌いな人のための経済学』 ジョセフ・ヒース (著)
 『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 』  ジェーン・スー(著)

それはさておき、なんとなくリフレッシュの季節でしょうか。最近私物の靴を修理に出しましたので、ご紹介致します。
1008-2.jpg
1008-3.jpg
爪先が減っておりまして、特に左足爪先外側が減っておりました。歩き癖ですね。
1008-4.jpg
1008-5.jpg
爪先ゴム貼り修理を施して、このように戻って参りました。
1008-6.jpg
バランスがございますので、左右両足での修理となります。


以前のブログにも、修理の紹介がございますので、左の「CATEGORY」、「Repair」より、合わせて御覧下さいませ。

「爪先ゴム貼り」(修理)
色|ブラック、ダークブラウン
価格|¥2,160~¥2,700
お預かり期間|2週間~3週間
※お持ちいただいた靴の状態により、修理内容の追加および変更をスタッフよりご提案させていただく事がございます。
またお客様のご希望に添えない場合もございますのでご理解下さいませ。
※修理期間につきましては修理内容及び繁忙期などにより変化いたしますのでご了承ください。

では、今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

10月の定休日のお知らせです。
10月8日(水)、15日(水)、22日(水)、29日(水)
毎週水曜定休でございます。ご了承下さいませ。


Repair~リペア Vol.3~

March 26 2014

こんにちはSHETLANDFOX日比谷店の竹本です。
おかげさまで2014年春のパターンオーダー会は先日、23日をもちまして盛況のうちに無事終了いたしました。ご注文くださったお客様方にはこの場を借りて改めてお礼を申し上げさせていただきます。素敵なオーダーをありがとうございました。
出来上がりまで少々お時間をいただきますが、手元に届くまでのワクワク感もオーダーの醍醐味としてお楽しみいただければ幸甚でございます。

さて今回は久しぶりに修理についてレポートさせていただきたいと思います。
店舗にて修理をご希望される際に「レザーソールをラバーソールに替えたい」というご要望を頂戴する事がございます。気温が上がりお天気が不安定になるちょうど今ぐらいの時期に増えるご要望でもあります。しかし誠に残念なことに現時点ではSHETLANDFOXの靴は素材を変更してのオールソール修理はお受けできない事となっております。そこで代案としてお勧めなのが「底ゴム半貼り(¥2500~¥3000+消費税)」修理です。別称ではハーフラバーやメリーソールと呼んだりも致します。
画像①130324.jpg
靴底の前半分に薄いラバーシートを張り付ける加工をすることによって滑り止めの効果や雨天へ対策が期待される修理でございます。
画像②140327.jpg
もちろん完全な雨用の靴になるわけではありませんし、ラバーを貼ることによってレザーソール独自のソールの反り返りの良さや透湿性(蒸れにくさ)が多少は犠牲になりますが、それらのデメリットを踏まえたうえで、古くなって日々のローテーションから外そうかな~とお考えのお靴を、空模様の怪しい日に履くセカンドシューズとして活用されてみるのも一考かと存じます。またこの修理は摩耗への耐久性が向上することから「オールソール修理の回数を減らしたい」「デザインは気に入ったけどレザーソールは苦手」とおっしゃるお客様方にお勧めの修理でもあります。
修理とは申しておりますが履きおろす前の新品の靴にも加工ができます。シートの厚みは2㎜程度です。
画像③140327.jpg
左側が加工前・右側が加工後です。
念の為にどのくらい重くなってしまうのか秤で量ってみたところ、片足で約5グラム弱の加重でしたので着用時にはほとんど気にならない程度かと思います。修理期間は約2週間~3週間程度でございます。興味のある方は一度お試しになってみてはいかがでしょうか?
※修理金額につきましては2014年3月現在での代表的な金額を表示しております。
※お持ちいただいたお靴の状態により、修理内容の追加および変更をスタッフよりご提案させていただく事がございます。またお客様のご希望に添えない場合もございますのでご理解くださいませ。
※修理期間につきましては繁忙期などにより変化いたしますのでご了承ください。特にGW期間やお盆時期、年末年始などをはさむ場合は通常より日数をいただいておりますのでご了承賜りますよう宜しくお願い致します。

【SHETLANDFOX 日比谷店 竹本】


日比谷店

SHETLANDFOX 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-9-4
蚕糸会館1F
TEL:03-5220-2485
定休日:水曜日(祝日の場合は除く)

このページのトップへ