INFORMARION a

イタリアよりイルチア社ラディカカーフ入荷

December 07 2012

今回は好評を頂いておりますケンジントンシリーズの使用革であるイタリア製、イルチア社の'ラディカカーフ'についてご説明いたします。

 

イルチア社は、イタリアの北部にあるピエモンテ州の州都でもあるトリノに本部があるレザータンナーです。歴史は古く1930年代に創業し、さまざまな顧客のニーズに対応しながら現在では欧米の著名ブランドに数多く使用される有名タンナーになります。

 

「レザータンナー」という表現は一般的ではないので少々ご説明いたしますと、動物の毛が付いた状態の'皮'(SKIN)をお茶などに含まれるタンニンや合成薬品などを使用して'鞣(なめし)'工程を経て'革'(レザー)にするまでの作業を行う革の工場・メーカーの総称になります。非常に簡単な説明になっておりますのでその他さまざまな工程が存在し、皮から革へはかなりの時間を要するものがほとんどです。

 

最近の報告をさせていただきます。

10月のイタリアの世界的な素材展示会リネアペッレにてイルチア社にオーダーした革が、当社に到着いたしまして現在このように革のチェックを行っております。

元々独特の斑がありそれが風合いとなり非常に存在感のある革です。その為、機械的に靴のパーツをカットしているわけではなく左右どのように合わせてゆくか、細かいキズや血管の跡などをどのように避けるか等が靴メーカーの革担当者の腕の見せ所になります。


ilcea_2.jpg

現在使用しているケンジントンシリーズほか伊勢丹様別注商品や日比谷店オリジナル商品など一部のグループに使用されており、比較的高額な商品になりますので入念かつ細心の注意を払って検品をしております。

ケンジントンシリーズについても靴クリームの乗りも良く、鏡面仕上げも比較的容易であり愛着の持てるものになると思います。今後もこの革を使用した商品グループは開発する予定であり乞うご期待であります。


 

■イルチア社ラディカカーフ使用品番

  ・ケンジントンシリーズ  30133014304230433044

 ・伊勢丹様別注品     501F502F503F

 ・日比谷店オリジナル商品 517F518


このページのトップへ