INFORMARION a

2014SS 新作『コベントリー』

March 03 2014

いつもブログ及びインフォメーションを御覧いただきまして誠にありがとうございます。
今回は、今春の新製品である『コベントリー』についてご紹介いたします。すでに「SHOP BLOG」に記述がございますのでご存知の方も多いと思われます。

同シリーズの名前の由来は、お察しの通り、英国中東部に位置する都市の名前です。
同シリーズは、皆様に愛されました『アスコット』シリーズの後継モデルとして、シェットランドフォックスのコンセプトを多くのお客様に幅広くお伝えするため"エントリーライン"として開発をいたしました。その様な背景から、この商品が「皆様の足元を支えてゆければ良い・・・」との気持ちもあって、自動車レースの最高峰F1で活躍したエンジンの名前「コヴェントリー」を少し意識したシリーズ名にしております。

思い起こせば、『アスコット』を開発した当時は、まだ多くの部分で手探りの状態でした。"エントリーライン"であることから、木型のバランスや捻り・絞り等・踵廻りなど、比較的ゆったり目にし、多くの方に違和感のないように、敢えて弊社の標準に近い設計にした経緯がございました。

それから数年間、お客様や販売店から多くのご意見を聞き、情報を解析いたしますと、我々が考えていた以上にお客様の要求されることが高まってゆくことがわかりました。

シェットランドフォックスの全シリーズの中で、トップラインに位置する『ケンジントン』では、相応の実験的な木型で生産を行いましたが、現在はその『ケンジントン』が、事実上シェットランドフォックスの履き心地の基準にすらなっていると感じております。ありがたいことであると同時に『ケンジントン』の後継版は、更なる進化をさせなければならず、開発担当といたしましては、日々試行錯誤を繰り返しております。

話を戻しましょう。それでは『コベントリー』シリーズの仕様をご説明致します。製法はグッドイヤーウエルト式製法、甲革は国産のキップ、フルライニングレザー、英国ダイナイトソール、木型は『ケンジントン』と基本的には同じシェイプですが、ヒールライニング部分にはスウェードを使用し、踵の収まりを良くしております。

2.jpg
価格は35,000円(本体価格)+税になります。商品コードNo.001F~005F 5つのデザインをラインアップ致します。
ドレスラインでは最も廉価でございますが、基本仕様となっておりますカウンター形状や、成型のための木型入れの時間等は上位モデルと変わりません。ブランドのコンセプトを体験していただく最初の1足として、お勧め致します。又、既にシェットランドフォックスをご愛用頂いている方においても、曇天時のシュチュエーション等、天候を気にせずお履き頂けるモデルとして自信を持ってお勧め致します。是非、お近くの取り扱い店舗にお立ち寄り頂き、試し履きをしていただければと思います。

さて、最後に今回もパターンオーダー会のお知らせがあります。
御好評を頂いておりますフィッティングを是非ご体験していただきたく存じます。お近くにお越しの際は、是非お気軽にお立ち寄りください。

以下詳細になります。

■東京
場所:シェットランドフォックス日比谷店
住所:東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館1F
電話番号:03(5220)2485
開催期間:2月28日(金)~3月23日(日)

■京都
場所:ジェイアール京都伊勢丹
住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 6階 紳士靴
電話番号:075(352)1111(大代表)
開催期間:3月5日(水)~3月18日(火)



このページのトップへ